『ARROW/アロー』

写真拡大

米CWで放送中のアメコミヒーロー・ドラマ『ARROW/アロー』で、マルコム・マーリン/ダーク・アーチャーを演じているジョン・バロウマン。その彼が、同局で放送されている他のDCコミック原作のドラマでも、シリーズ・レギュラーに昇格したことを、米TV Lineが報じた。

新たな出演契約により、ジョンは『ARROW』で引き続きシリーズ・レギュラーを続けるだけでなく、同じくグレッグ・バーランティが製作総指揮を務める『THE FLASH/フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』でも、頻繁に活躍する可能性が高くなった。

『ARROW』の主人公オリバーの宿敵として登場したジョンは、シーズン1〜2では準レギュラーとして出演し、シーズン3からシリーズ・レギュラーに昇格。そして、シーズン4の間に放送された『THE FLASH』とのクロスオーバー・エピソードにも出演している。

今年の5月には、『レジェンド〜』でレナード・スナート/キャプテン・ゴールドを演じていたウェントワース・ミラーが、同作品を降板するとともに、DCコミックを原作とする他のドラマに出演できるようになったことが話題になった。製作総指揮者のバーランティは当時、「ほかのキャラクターも、すべての番組に登場できるよう道を探り続けたいと思っています」と話していたことから、今回のジョンの新契約はまさにそれが実現した形となる。

なお、ジョンの新契約に、やはりバーランティ製作総指揮の番組で、シーズン2からCWで放送されることになった『SUPERGIRL/スーパーガール』が含まれているかどうかは分かっていない。(海外ドラマNAVI)