『ウォーキング・デッド』

写真拡大

米AMCの大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』の今年4月に放送が終了したシーズン6で初登場した4人のゲストが、秋から始まる新シーズンでレギュラーに昇格することが明らかになった。米TV Lineが報じている。

新たにレギュラーとなるのは、ニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガン、ジーザス役のトム・ペイン、ドワイト役のオースティン・アメリオ、グレゴリー役のザンダー・バークレイ。

シーズン7には、アンドリュー・リンカーン(リック役)、ノーマン・リーダス(ダリル役)、スティーヴン・ユァン(グレン役)、ローレン・コーハン(マギー役)、チャンドラー・リッグス(カール役)、ダナイ・グリラ(ミショーン役)、メリッサ・マクブライド(キャロル役)、マイケル・カドリッツ(エイブラハム役)、レニー・エームズ(モーガン役)、ソネクア・マーティン=グリーン(サシャ役)、アラナ・マスターソン(タラ役)、クリスチャン・セラトス(ロジータ役)、ジョシュ・マクダーミット(ユージーン役)、セス・ギリアム(ゲイブリエル役)、ロス・マーカンド(アーロン役)、オースティン・ニコルズ(スペンサー役)といったレギュラーメンバーも出演する。

『ウォーキング・デッド』シーズン7は米AMCで10月に放送開始予定。(海外ドラマNAVI)