写真提供:マイナビニュース

写真拡大

『ハリー・ポッター』の5年ぶりとなる新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)の最新映像が12日、公開された。

本作の主人公は、ハリーたちが通っていたホグワーツ魔法魔術学校に通っていた、世界中を旅する魔法使いのニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)。世界中の魔法動物=ビーストを調査するため、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。そんなニュートが、アメリカ・ニューヨークを舞台に逃がしてしまった魔法動物の追跡をする大冒険を描く。

今回解禁された映像には、原作者のJ.K.ローリングが新シリーズについて解説するため、初めて映像で登場。一部未公開のシーンを含む映像にあわせて本作の秘密を解き明かす解説をする内容となっており、新シリーズの物語の起点にあたる「なぜ主人公ニュートの魔法のトランクが開けられ、魔法動物=ビーストたちが逃げ出してしまったのか」という、新たな物語がいかにしてはじまっていくのかを語っている。

約2分10秒の映像の中には、今回初登場となった植物のような形をした謎の魔法動物"ボウトラックル"に話しかけるニュートの姿や、ニュートを追う米国魔法省トップクラスの魔法使いとのハイレベルな魔法が次々と放たれるシーンも収録。駆け出しの魔法使いから始まった『ハリー・ポッター』では、なかなか見ることのできない熟達した魔法の数々が見られる。

また、7月31日には、ハリー・ポッターの誕生日を祝うスペシャルイベントも予定しているという。

(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED