写真提供:マイナビニュース

写真拡大

『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)に悪役ダース・ベイダーが登場することがこのほど、公式に発表された。また、黒いストームトルーパー"デス・トルーパー"とストームトルーパーの場面写真も公開された。

本作は、悪役ダースベイダーの誕生を描いた『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(05)と、スター・ウォーズ伝説の起点となった『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(78)をつなぐ物語。

公開された2枚の場面写真は、1枚はオリジナルに近いデザインのストームトルーパーで、しかも南の島を連想される美しい海の中を描く驚きの光景。そしてもう1枚は、全身が黒くダース・ベイダーのような邪悪さを匂わせ、美しいビーチに猛攻撃を仕掛けるために上陸したデス・トルーパーだ。

デス・トルーパーは、本作ではダース・ベイダーの部下でありながらダース・ベイダーを常に出し抜こうとする野心的な悪人オーソン・クレニック(ベン・メンデルソーン)が率いてる兵士。その黒いボディからダース・ベイダーを彷彿とさせるが、彼ら黒いデス・トルーパーと白いストームトルーパーとの関係性も気になるところだ。

本作の監督ギャレス・エドワーズは、撮影中にダース・ベイダーと始めて対面した際「情報セキュリティの関係上、本当はいけないことなんだけど自分を抑えられなくて…ケータイのカメラで写真を撮りまくってしまったよ」と明かす。彼も幼少期から『スター・ウォーズ』を愛し続ける1人で、子供の頃に近所のおもちゃ屋さんに特別ゲストとして登場したダース・ベイダーに興奮し、街中に自慢して回っていたという。

注目の本作で主演の座を射止めたのは、『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ最新作『インフェルノ』でもヒロインを演じ、今最も注目されている女優フェリシティ・ジョーンズ。物語は、彼女が演じる主人公ジン・アーソを中心に描かれている。

ジンは15歳の時からたった1人で生きてきた、書類の偽造、盗品所持、暴行や傷害を起こし、無謀で攻撃的、自制心に欠けるという一匹狼で"やんちゃなヒロイン"。そんなジンが反乱軍の仲間と共に挑むのは、帝国軍の宇宙要塞"デス・スター"の設計図を入手する決死のミッション。伝説の原点「新たなる希望」でレイア姫がR2-D2に託した"設計図"はいかにして入手されたのだろうかというファンにとっては長年の疑問に対する答えが明らかになる。

ルーカスフィルムの社長で本作ではプロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディは、「ジンは波瀾万丈の過去を抱えているの。反乱軍に身柄を拘束された彼女は、そのスキルを彼らの戦いに役立てることで、罪を帳消しにするチャンスを与えられる。この物語におけるジャンヌ・ダルク的存在ね」と説明している。

(C)Lucasfilm 2016