3歳未勝利戦の持つ意味は(イメージ)

写真拡大

 新たな可能性に期待する空気が漂うのが2歳新馬戦。将来性あふれる若駒の姿は観ているだけで気分が浮き立つ。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、3歳未勝利戦がもつ重要な意味について解説する。

 * * *
 ここまで勝てなかった馬を、なんとか勝たせてやる。技術的なことも含めて、厩舎に必要不可欠な課題です。3歳未勝利戦は9月の中山、阪神開催まで。ここでの未勝利戦は「前走5着以内」または「前走までのキャリアが5走以内」という馬に限って1回のみの出走となります。「負ければ最後」という崖っぷちですが、結果的に濃縮された強い馬が集まり、「スーパー未勝利戦」などと呼ばれています。

 つまり、すでに6回走った馬で前走が6着以下だった場合はここに出ることが叶いません。中央登録を抹消して引退するか、地方へ移籍して2勝して出戻るか、格上の500万円下条件に出るという選択肢しかなくなるわけです。

 陣営としては、8月の3歳未勝利戦でなんとか勝っておきたい。あるいは、8月後半のレースでなんとか5着以内に入れるよう調整することになります。

 クラシックに向かうような強い馬たちの競り合いもあれば、生き残りをかけたシビアなものもある。両方ともに極めて大事な戦いです。なぜ勝てないのか。メンタル面で弱い(優しすぎる)、体ができていないなど、それぞれに理由があります。

 大敗の理由は比較的分かりやすい。しかし2着や3着が数回続くような場合、惜しい競馬だったというより、そのほうが居心地がいいと思ってしまう可能性もあります。3頭併せの馬なり調教を繰り返していると、抜きん出るよりも並んでゴールすればいいと勘違いすることも。そのあたりを疑えば、坂路でしっかりと差をつけてかわす調教に切り替えます。不調の核を見極める感性が必要です。

 一つだけはっきりしていることがあります。人間が諦めると馬も諦める。この馬は勝てないと人間が思ったら、馬は走らなくなります。調教で厳しく攻めず、暴れるときにも厳しく叱らないと、「なんだ、ちゃんとしなくていいのか」と思ってしまう。

 馬はエネルギーを競馬だけに使うスキルが身につかず、本番はエネルギーロスが大きくて勝てなくなる。競馬への意欲がなくなってしまうんですね。そんな理屈はホースマンであれば百も承知なのですが、たとえば厩務員が3歳未勝利馬と2歳の馬を担当したとき、心情的に新たな可能性のほうに気合いが割かれるのは仕方のないことかもしれません。

 それではいけない。馬が勝ち上がれなくなる雰囲気を、厩舎に作らないことが大事です。勝てない理由を割り出し、的確な対策を打つ。人間側が諦めてはいけません。

 苦労してやっと勝って、そこからどんどん良くなった馬も珍しくありません。デルタブルースの初勝利はデビューから5か月後、6戦目の3歳4月。その半年後に菊花賞を制するまでになっています。いまの角居厩舎にも、将来性豊かな3歳未勝利馬が控えています。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後15年で中央GI勝利数23は歴代2位、現役では1位(2016年6月26日終了時点)。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、馬文化普及、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイア、ラキシス、サンビスタなど。

※週刊ポスト2016年7月15日号