ストレスから自分を解放するための休日の過ごし方

せっかくの休日、本当に心の底からリラックスできていますか?電話、メールにSNS、いろんなことに返事をしたり、対応して、時間に追われた休日を過ごした経験は誰にでもありますよね。でも、これでは、オフィスで働いている、時間に追われているのとあまり変わらない。。

小さな事が重なって、精神的な不快感や不健康から、ストレスになってしまうことも多くあります。若く、気力で乗り越えていける時期は良いですが、気付けば、いずれ身体のいろいろなところにストレスによる歪みが出てくるものです。

そうならないために、お休みの日ぐらい、数時間「自分のためだけに過ごす自由な時間」を持ってみませんか?

電話を切ってみる

よく言われていることですが、ストレスの原因としてもとになっている携帯電話。電話が鳴ると「仕事かな」とか、ビクリとすることありませんか? お休みの時ぐらい、勇気を出して電話を切り、本当に「あなただけの時間」を過ごしてみませんか? そうするとで、潜在的なストレスから自分を切り離すことができます。特に夜は、眠る時間や休息の時間なので、重要です。電源を切って少し遠くに置き、体から遠ざけるようにしましょう。 精神的な理由だけではなく電磁波を避けることも出来ます。家までの帰り道から寝るまでの間の数時間電源を切ってゆっくりと休憩をするなど、少しでいいので取り入れてみましょう。

コンピューターから離れる


スイスのある大学で行われた研究によると、コンピューターを休むことなく使うとストレスをもたらす原因になると発表されました。眠気を奪い、気分を歪ませてしまいます。 2時間に一回程度は休憩をし、ベッドに行く数時間前には完全にパソコンの電源を切って、メールもSNSも少しだけお預けを。

深呼吸をする


深呼吸をするのに、わざわざ空気の良い山や公園に行ったりする必要はありません。日常で深く呼吸を意識するだけでも大分変わります。 呼吸が早いと、身体が緊張していき、苛立ってきてしまいます。反対に、ゆっくりとお腹の底まで深く息をするとリラックスできます。呼吸は身体の健康の源です。

携帯のお知らせを切る

SNSで日常のプライベートの事までシェアをするようになり、私たちの生活が変わりましたね。 でも、更新されるお知らせが、少しずつ自律神経や気晴らしの時間を失なうことに繋がってしまいます。いろいろな更新があるたびに携帯からお知らせが来たら、心から休めませんよね。せめて音をなくすなど、あなたの自由のためにまずは工夫をしてみませんか?

歩く


歩くことの効果は、キレイな体作りだけではなく、精神にもとっても良いです。また、歩く事で考えを明確にすることができ、エンドルフィン(多幸感を感じる物質)を脳から発生させます。 それによりストレスから解放されるのです。近くの公園まで歩いてみたりすることは、不快感を与える悩みや晴れない考え方を切り離すことができます。

音楽を聴く


良い音楽を聞くとドーパミンが出て、良い気分になります。特に、ゆっくりとしたテンポの曲は血圧を下げる効果があります。とはいっても、好きな音楽であれば、どんな曲でも大丈夫です。大切なのは楽しい気分になってストレス発散すること。

自分のためだけに過ごす自由な時間を


心の健康は身体を美しく、お肌を若く保つことに大切なことです。ストレスを溜めちゃうと、髪の毛だって白くなっちゃいます。お休みの日ぐらい、数時間「自分のためだけに過ごす自由な時間」を持ってみませんか?