ニコラス・ケイジが3度目の離婚、韓国人の義母に結婚反対された過去も。

写真拡大

ニコラス・ケイジ(52歳)が、アリス・キムと破局した。10歳の息子をともにもうけた2人だが、今年1月に密かに破局していたことをニコラスの代理人がピープル誌に認めている。

当時19歳だったアリスが、ロサンゼルスのレストランでウェイトレスとして働いていた2004年に2人は知り合い、その2か月後に婚約、今年8月には結婚12周年を迎えるところだった。

ニコラスは1995年から2001年までパトリシア・アークエットと結婚しており、2002年にリサ・マリー・プレスリーと4か月間の結婚生活を送っていた。さらにモデルのクリスティーナ・フルトンとの間に25歳になる息子ウェストンがいる。

アリスが韓国人の母親に、20歳も年上のニコラスを紹介した当初、母親は2人の関係に全く賛成していなかったとニコラスは以前語っていた。

「義母と最初に会ったとき、『ハロー』とか『はじめまして』とかの挨拶じゃなくて『娘は若すぎるわ!』と言われたからね。そのとき僕は、これは長い戦いになるぞって思ったよ」
「他の文化を持った女性と結婚することに明確な決断を下したんだ」

そして結婚を急いだ理由としては、当時ニコラスが映画「ロード・オブ・ウォー」の撮影のため南アフリカに行くことになっており、アリスも一緒に連れて行きたかったからだとあるインタビューの中で語っていた。