厳選!2歳馬情報局(2016年版)
第5回:モクレレ

 競走馬にとって、一生に一度の舞台となる3歳の"三冠レース"。通常、牝馬であれば、桜花賞、オークス、秋華賞を目指し、牡馬であれば、皐月賞、日本ダービー、菊花賞が目標となる。そして、それら3戦すべてのレースを勝った馬には、「三冠馬」という称号が与えられる。

 過去、牡馬で三冠を達成した馬は7頭、牝馬は4頭(※)だけ。まさに選ばれた馬のみが手にしてきた栄光だ。
※牡馬は、セントライト(1941年)、シンザン(1964年)、ミスターシービー(1983年)、シンボリルドルフ(1984年)、ナリタブライアン(1994年)、ディープインパクト(2005年)、オルフェーヴル(2011年)。牝馬は、メジロラモーヌ(1986年)、スティルインラブ(2003年)、アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)。なお、メジロラモーヌは秋華賞設立前で、エリザベス女王杯が三冠目に該当。

 そんな三冠馬同士の交配によって生まれた、夢のような血統の持ち主が今年、デビューを控えた2歳馬にいる。モクレレ(牡2歳/父ディープインパクト)である。

 同馬の父ディープインパクトは、2005年の牡馬三冠を達成した"英雄"。武豊騎手に「飛んでいるよう」と評された名馬で、引退後は種牡馬としてリーディングトップの座を独走している。

 片や母は、2010年に牝馬三冠を果たしたアパパネ。2012年に引退するまで、牝馬三冠を含めてGI5勝という成績を残した。二冠目のGIオークス(東京・芝2400m)では、距離不安がささやかれる中、サンテミリオンとの「1着同着」で優勝。たぐい稀(まれ)な"勝負強さ"も兼ね備えていた。

 その偉大な2頭を両親に持つのが、モクレレである。この背景を考えただけでも、期待しないほうがおかしいという血統だ。

 同馬が育成期間を過ごしたノーザンファーム空港牧場(北海道苫小牧市)でも、スタッフの評価はすこぶる高い。担当した細田誠二氏は、この春の取材でこんなコメントを残していた。

「この馬は、かなりいいところまでいけると思います。血統のよさはもちろんのこと、何より走りの水準が非常に高いですからね。動き自体は文句なしで、1ハロン(200m)を16秒で走らせている感覚なのに、実際は15秒台の時計が出ている。そのくらい軽く走ってしまいます」

 動きのよさに限らず、スタッフが太鼓判を押す要素は他にもあるようだ。細田氏が続ける。

「調教が終わってからも息の入りが早いんです。坂路を上がった瞬間に息が入っている感じです。育成を行なってから休んだこともなく、すごく順調ですね。デビューへ向けて動き出すのは秋頃になると思いますが、クラシックに乗ってほしい馬。そのくらいの手応えがあります」

 モクレレを管理する予定になっているのは、母と同じ国枝栄厩舎(美浦トレセン/茨城県)。アパパネを三冠馬へと導いたスタッフなら、息子の才能も開花させてくれるだろう。

 父も、母も「三冠馬」というモクレレ。夢の配合から生まれた同馬に期待するのは、やはり両親と同じ道をたどること――すなわち、史上8頭目の三冠馬になることである。

河合力●文 text by Kawai Chikara