特集:宝塚記念 打倒!ドゥラメンテ(4)

 現役最強を証明すべく、"真打ち"ドゥラメンテが久々に国内の大レースに出走する。昨年の皐月賞、日本ダービーを圧倒的な走りで制して二冠を達成。秋こそ故障で棒に振ったが、復帰初戦の中山記念(2月28日/中山・芝1800m)は久々の実戦と距離不足を懸念されながらも、ひとまくりで圧勝。古馬になってさらにパワーアップした印象を与えた。初の海外遠征となったドバイシーマクラシック(3月26日/UAEメイダン・芝2410m)はポストポンドの2着に敗れたが、レース前の落鉄の影響や、馬場適性、さらに「出走していれば、昨年の凱旋門賞馬だったかもしれない」ともされる強敵を相手にしての走りは、「負けてなお強し」を十分に印象づけるものだった。

 当然、宝塚記念に駒を進めるとなれば、ファン投票でも1位となりそうなもの。ところが、フタを開けてみれば、1位のキタサンブラックの半数にも満たない票しか集められず、屈辱的ともいえる6位の評価。それは宝塚記念に向けての不安の表れなのだろうか、それとも、ファンの支持と馬券上の人気は別ということだろうか。

「管理しているのがメディアへあまり出てこない堀厩舎ですから、人気投票ではそういう結果になってしまうんでしょうね。一方で、ファンが実力を認めつつも不安を感じるというのも頷けます」

 そう指摘するのはスポーツ報知の牧野博光記者。ファンが懸念する要素は、大きく分けて3つあるようだ。

 まずひとつめは、海外遠征から戻ってからの調整の難しさだ。春シーズンは、2000〜2400mを主戦場とする馬にとって、日本国内に最適な大レースがないため、ドバイや香港にその矛先を向けることが多い。しかし、これらの遠征を経て宝塚記念に向かった馬たちは、07年にドバイデューティフリー(1着)→香港・クイーンエリザベス2世C(3着)から宝塚記念を制したアドマイヤムーンのほかは、軒並み敗れているのである。最近の例では、ブエナビスタやジェンティルドンナがドバイ遠征後に直行、あるは1戦はさんで宝塚記念に向かい、それぞれ人気で敗れている。また、直近では、ドゥラメンテと同じ堀厩舎のモーリスが、香港・チャンピオンズマイルを制して臨んだ安田記念で、断然人気を集めながら2着となったことも記憶に新しい。

 ふたつめは、不在中に台頭した同世代の存在だ。昨春のクラシックでは圧倒したはずのキタサンブラックは菊花賞、天皇賞・春を制し、GIタイトルの数ではドゥラメンテに並んだ。4歳の夏を迎えて、昨春の差がどこまで詰まっているのか、あるいは逆転しているのか、ここで証明されることになる。また、同厩のサトノクラウンをはじめ、アンビシャス、シュヴァルグラン、タッチングスピーチらもGI勝ちこそないものの重賞勝利などで存在感を示している。

 三つめは、ドゥラメンテ初となる関西への輸送競馬である。これまで国内で走った7戦はいずれも東京か中山の関東圏で、海外遠征のドバイは競馬場に隣接した厩舎に滞在しての調整だった。もともと気性的にうるさい面のある馬だけに、夏場の長距離輸送を経ての出走に、輸送がどこまで影響するのかは気になるところだろう。

「この3点は未知数な部分が多いですからね。とはいえ、宝塚記念に向けての調整を見る限り、これらの点はあっさりクリアしてしまうと見ていますよ」(牧野氏)

 ドバイ後に帰国したドゥラメンテは検疫と休養を経て、ノーザンファームしがらきから美浦トレセンに戻ったのが5月19日。それ以降は放牧や外部の調教施設などには出されず、美浦でじっくりと調整が続けられてきた。チャンピオンズマイルから帰国後、検疫の事情から美浦トレセンには戻れず、東京競馬場に1頭のみで滞在して調整がされた前出のモーリスと比べても、時間的にも余裕が感じられる調整過程を積まれている。

「あと、最近の調教ではメンコを外しているんですよ。どうもミルコ・デムーロ騎手からの進言のようで、先週の木曜日(6月16日)もデムーロ騎手が来て追い切りを行なったんですが、そのときも着用していませんでした。以前はコントロールが効かないところもあったのですが、そういったうるさい仕草も見せなくなって、『えっ!?』と思うぐらい落ち着いてますね。

 だからといって、小さくまとまってしまったかといえば、決してそうではありません。3歳時はサトノクラウンと調教で決定的な差を感じませんでしたが、今回併せたときにはダイナミックさが、まるで違って見えました。シルエットもいい意味でゴツさを増していて、シンプルに言えば、中山記念前よりもさらにバージョンアップしたな、という印象です」

 つまり、帰国後の調整過程も問題なく、さらにメンタルもフィジカルも強化されている、というのが牧野氏の見立てである。また、中山記念では今回人気の一頭に挙がるアンビシャスを軽く捻り、そのアンビシャスは続く大阪杯でキタサンブラック、ショウナンパンドラ、ラブリーデイらを負かした。中山記念3着のリアルスティールはドバイターフを勝ち、7着のロゴタイプも続く安田記念を制している。単純な比較に加え、その中山記念よりもパワーアップしているとなれば、相手関係に関しても死角が見当たらなくなる。

「なかなかメディアに情報を出してくれない堀厩舎ですが、話が少ない分、逆に判断はしやすいという面もあります。安田記念のときは、やはり状態に自信が持ちきれなかったのでしょう、ギリギリまで出走のGOサインを引き延ばして、状態面でも歯切れがいい話は聞けませんでした。今回はモーリスのときとは対照的なコメントがスタッフからも出ていますし、調整はかなりうまくいっているのだと思います。

 あとは細かいところで、阪神競馬場の出張馬房が道路に近くちょっとうるさいのと、この一族が暑い時期にあまりよくない、という点が気になるといえば気になりますので、この点を踏まえて、当日のパドックの気配で最終確認をおすすめします」(牧野氏)

 このあとに控える凱旋門賞遠征では、日本競馬の悲願達成と同時に、ドバイで敗れたポストポンドへのリベンジも果たせねばならない。ディープインパクトやナカヤマフェスタ、オルフェーヴルを超えるためにも、ここで圧倒的な力を見せ、まずは国内制圧で復権を果たしたい。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu