特集:宝塚記念 打倒!ドゥラメンテ(3)

 昨年の宝塚記念(阪神・芝2200m)の勝ち馬、ラブリーデイ(牡6歳)。同馬は昨年のファン投票で何位だったのか? そう聞かれて答えられる人は、かなりの"競馬通"と言えるだろう。

 答えは、当時も現在も「GIに参加するだけ」といった状態にあるメイショウマンボ(牝6歳)よりも、さらに2ランク下の27位。"泡沫(ほうまつ)候補"のようなものだった。

 デビュー以来、なかなか重賞を勝てない"イマイチくん"といったイメージのあったラブリーデイ。昨年になって、年明けにGIII中山金杯(中山・芝2000m)、GII京都記念(京都・芝2200m)と重賞を立て続けに制したものの、その後のGII阪神大賞典(阪神・芝3000m)、GI天皇賞・春(京都・芝3200m)では見せ場なく、馬群に沈んだ(阪神大賞典6着、天皇賞・春8着)。おかげで、「さすがにトップレベル相手には厳しい」という評価が定着しつつあった。

 それゆえ、ファン投票27位という結果もやむを得ないと言える。しかし一方で、この馬の実力は「こんなものではない」と見ていた関係者やファンも少なからずいた。

 それらの人々は、阪神大賞典にしても、天皇賞・春にしても、もっぱら「距離が長すぎた」ことを敗因に挙げ、適距離に戻れば「もっと戦える」と評価していた。ラブリーデイは、それだけの経験を積み、稽古を重ね、馬体面の弱点が解消されてきたことで、まさに「別馬のように強くなってきた」と見ていたからだ。

 関西の競馬専門紙記者によれば、ラブリーデイは昨年、天皇賞・春を使ったあと、当初は宝塚記念に直行する予定だったという。ところが、天皇賞・春のあとでも余りにも状態がよかったので、急きょ予定外だった鳴尾記念(阪神・芝2000m)を使うことにした。すると、これをあっさりと勝ってしまった。専門紙記者が語る。

「この鳴尾記念の結果、周囲の人たちは『この勢いは本物。これなら宝塚記念も面白い』と、ますます期待を抱くようになったんです」

 迎えた宝塚記念、ラブリーデイは先行有利の馬場で楽々と2番手を追走。直線に入って抜け出すと、そのまま押し切った。その結果は、確かに「展開に恵まれた」という感はあった。それでも、あの競馬を可能にしたのは、展開以上に、ラブリーデイ自身の、競走馬としての目を見張るような成長にあったと見るべきだろう。

 そして、そのことを裏付けるように、宝塚記念のあとは休養を挟んで秋競馬の古馬の王道路線に参戦。GII京都大賞典(京都・芝2400m)を快勝すると、そのままGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)まで制して2連勝を飾った。予定になかった鳴尾記念を勝ってから、実にGI2勝を含む重賞4連勝。あの頃のラブリーデイは、間違いなく日本の競馬シーンにおける「最強馬」と言える存在だった。

 ただ、そこまでの快進撃に比べると、その後の成績には物足りなさを感じざるを得ない。天皇賞・秋のあと、ジャパンカップ(東京・芝2400m)では3着と健闘するも、有馬記念(中山・芝2500m)では人気(2番人気)を裏切って5着。さらに、年明け初戦となった大阪杯(4月3日/阪神・芝2000m)、続く香港遠征で挑んだ国際GIクイーンエリザベスII世カップ(4月24日/香港・芝2000m)も、ともに4着と振るわなかった。

 どこか、以前のラブリーデイに戻ってしまったような"イマイチ"ぶり。そのため、最近は「昨年の天皇賞・秋の頃が競走馬としてのピークだった」という声や、「そもそもそんなに強い馬なの?」といった揶揄(やゆ)まで聞こえてくる始末だ。

 そうなると、今年の宝塚記念(6月26日)において、ラブリーデイが連覇を遂げることはやはり厳しいのか。昨年のクラシック二冠馬ドゥラメンテ(牡4歳)をはじめ、強力な4歳勢が参戦してくることを考えれば、その勝ち目はますます薄いように思えてくる。

 しかし、こうした懸念を漏らすと、前出の専門紙記者が猛反発してきた。

「昨年の秋は、距離適性の高い天皇賞・秋が最大目標だった。あとの2戦は、いわば"お釣り"で走ったようなもの。それでも、2戦ともほんのちょっとしか負けていない(ジャパンカップ=勝ち馬とコンマ1秒差。有馬記念は勝ち馬とコンマ2秒差)。また、今年の2戦に関しては、どちらも騎手がうまく乗れなかっただけ。大阪杯は、行くところ、行くところで詰まったし、クイーンエリザベスII世カップは、前半で引っかかってしまい、中途半端な競馬になった。そんな状況にあって、そこでも大きく負けていないのだから、むしろ『負けてなお強し』と見るべきでしょう。もちろん、宝塚記念連覇の可能性は大いにあると見ています」

 ゴール前の爆発力は「世界レベル」と言われるドゥラメンテに比べて、能力的に劣るのは否めない。けれども、「トリッキーで、コース適性がモノを言う」と専門紙記者が論ずる阪神・芝2200mの適性なら、メンバー中、ラブリーデイがナンバー1だろう。

 昨年は、その適性をフルに生かして、大本命のゴールドシップの末脚を封じた。今年も条件さえかみ合えば、ドゥラメンテら強力4歳勢の出鼻をくじいて、昨年の再現を果たしてもおかしくない。

 今年のファン投票では、昨年の27位から大きくジャンプアップして2位という高い支持を得たラブリーデイ。もはや「泡沫」ではなく、今年は堂々の「本命」候補だ。はたして、ファンの期待に応える雄姿が見られるのか、注目である。

新山藍朗●文 text by Niiyama Airo