特集:宝塚記念 打倒!ドゥラメンテ(1)

 6月26日は阪神競馬場で春競馬の総決算・GI宝塚記念が行なわれる。今回は、ファン投票1位となった天皇賞馬・キタサンブラック(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)について分析しよう。

 歌手の北島三郎さんがオーナー(名義は大野商事)ということでも知られているキタサンブラックは、3歳時の昨年、デビューから無傷の3連勝でGIIスプリングS(中山・芝1800m)を優勝。GI皐月賞(中山・芝2000m)では3着に入った。秋はGIIセントライト記念(中山・芝2200m)、GI菊花賞(京都・芝3000m)を優勝し、北島オーナーにとって初のGI勝利を果たしている。表彰式で北島オーナーが代表曲である『まつり』を歌ったシーンはワイドショーなどでも取り上げられ、ご覧になった方も多いだろう。

 今年に入っても、GII大阪杯(4月3日/阪神・芝2000m)2着後のGI天皇賞・春(5月1日/京都・芝3200m)を勝利しGI2勝目。GI連勝がかかる今回、キタサンブラックの勝算を、あらゆる角度から分析してみよう。

【距離適性】
 まずは距離適性。キタサンブラックは芝2200mでは過去1回出走。そのセントライト記念では2番手追走から早めに先頭に立ち、ミュゼエイリアンとの叩き合いを3/4馬身差制している。芝2000〜2200mでは4戦して2勝、2着1回(大阪杯)、3着1回(皐月賞)と安定している。2500m以上の方がマイペースに持ち込みやすいのでより安定しているが、2200mは問題ないだろう。

☆結論
 ベストではないが、問題ない範囲。

【コース適性】
 阪神コースは2着だった今年4月のGII大阪杯に続く2回目。同レースはGI有馬記念3着以来の休み明けながら、1000m通過61秒1のスローペースで逃げ、上がり3ハロンは自己最高の33秒6という数字を叩き出して2着。勝ったアンビシャスとはクビ差の惜敗だった。右回りも左回りも関係なく好結果を残しているように、このコースにも不安はない。

☆結論
 阪神コースに不安はない。

【脚質】
 宝塚記念は逃げ先行馬の活躍が目立つレースで、過去30年でも1992年メジロパーマー、1998年サイレンススズカ、2008年エイシンデピュティが逃げ切り。1990年オサイチジョージ、1991年メジロライアン、1994年ビワハヤヒデ、2001年メイショウドトウ、2004年タップダンスシチーが4コーナー先頭と、多くの馬が早めの競馬から勝利を飾っている。

 キタサンブラックは過去3戦続けて逃げる形となり、前走の天皇賞・春ではカレンミロティックに一瞬、前に出られながらも、非凡な勝負根性で差し返しハナ差勝利した。菊花賞では4コーナー8番手から差して勝ったように、逃げなくても力を出せる自在性はあるが、今回も逃げまたは2番手くらいの競馬になりそうだ。前目から競馬ができれば、勝ち負けする可能性は高い。

☆結論
 宝塚記念は先行有利の傾向があり、向いている。

【馬齢・ローテーション】
 過去30回の優勝馬の馬齢を見ると、4歳馬17勝、5歳馬8勝、6歳馬4勝、7歳馬1勝という内訳。キタサンブラックの4歳がダントツの内容となっている。GI天皇賞・春勝ち馬は18頭出走して6勝、2着4回。前年の菊花賞馬は12頭出走して6勝という成績が残っている。さらに、前年の菊花賞馬で前走の天皇賞・春を勝った馬は過去に1991年メジロマックイーン、1994年ビワハヤヒデ、2003年ヒシミラクル、2006年ディープインパクトと4頭いて、2着に敗れたメジロマックイーン以外はすべて勝利している。キタサンブラックにとっては心強いデータだ。

☆結論
 菊花賞と天皇賞・春を勝った4歳馬は好結果が出ている。

【血統】
 父ブラックタイドは三冠馬でリーディングサイアー、ディープインパクトの1歳上の全兄。現役時はGIIスプリングSを勝ったものの、脚部不安のため大成はできなかったが、種牡馬としてはキタサンブラックを含め、4頭のJRA重賞勝ち馬を出し成功している。

 母シュガーハートは不出走。半兄に今年のGIIアメリカJCC3着のショウナンバッハ(父ステイゴールド)、いとこにGII日経新春杯2着のアドマイヤフライト(父マンハッタンカフェ)がいるが、他の出走馬と比べると地味な牝系と言えるだろう。

 母の父サクラバクシンオーも短距離向きの血統ではあるが、サクラバクシンオーの伯父にあたるアンバーシャダイの仔メジロライアンが1991年にこの宝塚記念を勝利し、サクラバクシンオーの父の父であるテスコボーイ産駒も、1977年トウショウボーイ、1983年ハギノカムイオーと2頭が勝利している。

 また、過去7年の勝ち馬6頭のうち5頭と共通する、サンデーサイレンスとノーザンテーストの血を持っており、GI宝塚記念とは相性の良い血統とも言える。

☆結論
 地味な血統だが宝塚記念とは好相性

【まとめ】
 以上、あらゆるファクターからキタサンブラックの勝算を探ってみたが、全体的にプラス材料が多かった。中でも、「先行有利のレース」「菊花賞と天皇賞・春を勝った4歳馬」の勝率が高いというのは心強いデータ。ドゥラメンテ、ラブリーデイなど強豪が揃うが、若さと勢いとデータは一歩リードしている感もある。競馬場で3度目の『まつり』が響きわたるというシーンも十分ありそうだ。

平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki