厳選!2歳馬情報局(2016年版)
■第4回:アルアイン

 日本の競馬が発展するにつれて、世界全体の競馬における日本のポジションも大きく変わった。もっとも顕著な例が、海外のGIレースにおける日本馬の活躍だろう。日本から遠征した馬が海の向こうのビッグレースを勝つことは決して珍しくないし、レース前の下馬評で日本馬が高い評価を得ることも特別なことではなくなった。

 また、現役時代に海外でGIを制した"名牝"が、引退後に日本へ輸出されて繁殖生活を送ることも、今や当たり前。その結果、世界的な良血馬が日本でどんどん生まれるようになってきた。

 今年の2歳馬の中にも"世界的な名牝"の子として、多大な注目を集める1頭がいる。アルアイン(牡2歳/父ディープインパクト)である。

 アルアインの母は、2010年にアメリカのGI、BCフィリー&メアスプリント(アメリカ・ダート1400m)を制したドバイマジェスティ。彼女は、その他にも短距離重賞を3勝し、2010年のアメリカ最優秀短距離牝馬となった"名スプリンター"である。

 そのドバイマジェスティが引退後に来日し、日本のリーディングサイヤーであるディープインパクトと交配。そうして誕生したのが、アルアインだ。

 血統だけでも素質の高さを十分に感じさせるが、育成に携(たずさ)わったスタッフによると、実際の動きからも才能の片鱗を見せているようだ。同馬の育成を担当したノーザンファーム早来(北海道安平町)の山内大輔氏はこの春、こう語っていた。

「この馬はかなりいいですね。走りはすごくバネが利いていて、背中も本当に柔らかいんです。この柔らかさは、あまりないレベルだと思います。普段の気性は少しヤンチャですけど、走るとおとなしくて、コントロールも利きます。クラシックの王道をいってほしいですね」

 クラシックの頂点を狙うには、もともと備えている才能に加えて、成長力も重要となる。その点についても、育成での様子から期待できるそうだ。山内氏が続ける。

「遅生まれ(5月1日)ということもあって、育成を開始した頃は少し小さめの体でしたが、この春を迎えて一気に大きくなり、体もしっかりしてきました。これからまた、今持っている柔らかさに加えて、成長する中で"芯"が入ってくると、かなり走ってくれるのではないでしょうか」

 そうした成長を待ったうえで、アルアインは秋頃のデビューを予定しているという。

 そして、同馬を管理するのは、池江泰寿厩舎(栗東トレセン/滋賀県)。今年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)で、ハナ差2着と奮闘したサトノダイヤモンドも管理する関西のトップ厩舎である。ここ数年、ダービーには毎年のように有力馬を送り込んでおり、王道を目指すうえでは、文句なしの"チーム"だ。

 アメリカの名牝と、日本のトップ種牡馬から生まれたアルアイン。日米の良血から誕生した"結晶"は、クラシックの舞台で躍動できるのか。デビュー戦は必見である。

河合力●文 text by Kawai Chikara