1
 
iOS10で搭載が噂されていた「ダークモード」は、WWDC 2016で発表はされませんでしたが、「時計」アプリ内に実装されていることが分かりました。

噂の「ダークモード」が「時計」アプリに!

iOS10では、暗いところで画面の背景色が黒になる「ダークモード」が搭載され、システム全体に適用される、とWWDC 2016の開始直前まで噂されていました
 
しかし、日本時間14日午前2時に開幕したWWDC 2016で「ダークモード」についての発表はありませんでした。
 

 
ところが、iOS10の「時計」アプリに、「ダークモード」を予告するデザインが見つかったとPhoneArenaが報じています。

眠りの質を改善する「Bedtime」も

iOS10の「時計」アプリでは、暗いところで目に優しい黒背景の表示が確認されています。
 

 
また、希望する就寝/起床時刻をセットしておくと、眠りにつく時間になるとアラームで知らせてくれる「Bedtime」機能が確認されています。
 

 
「Bedtime」機能の説明文には、眠りの質を大幅に改善する効果がうたわれています。
 

iOS10.1や10.2で実現か?


 
今年9月に配信されるiOS10では、システム全体への「ダークモード」搭載はありませんでしたが、「時計」アプリを皮切りに、iOS10.1や10.2でシステム全体への拡大があるかも知れません。
 

 
 
Source:PhoneArena
(hato)