長期の撮影がついに終了!

写真拡大

 故山崎豊子さんの傑作小説をWOWOWが開局25周年作品として初めてドラマ化した「連続ドラマW 沈まぬ太陽」がこのほど、都内のスタジオでクランクアップを迎え、主演の上川隆也が半年に渡る撮影を終えた。

 タンザニアやアラブ首長国連邦でロケを行うなど、大規模で制作されたドラマを座長としてけん引してきた上川は、「感無量です。全身全霊を持って作品に取り組む事が出来たのは 一重に、役者としてはもとより、ひとりの人間『上川隆也』として、現場でご一緒させて頂いた皆さんとの時間が楽しく、また充実したものであったからにほかなりません」と、苦楽をともにしたスタッフ、共演陣に感謝。「今は良い仕事をさせて頂けたという思いで一杯です」と達成感をにじませた。

 WOWOW「連続ドラマW 沈まぬ太陽」は、国民航空の労働組合委員長として経営陣と強硬に交渉したために、パキスタンやケニアなどへ左遷された恩地元(上川)の半生を通じ、未曾有(みぞう)の航空機事故や、空の安全を軽視した国民航空の腐敗を、2部構成・全20話で描く。第1部は毎週日曜午後10時からWOWOWで放送中。7月3日午後10時から第1部総集編が無料放送される。 第2部は7月10日から放送開始。