前田敦子が大胆な姿を次々と見せるミュージックビデオ

写真拡大

 女優で歌手の前田敦子の1stアルバム「Selfish」に収録される表題曲「Selfish」のミュージックビデオが、このほど公開された。ランジェリー姿で大阪・通天閣本通りをかっ歩する姿をはじめ、ヘアスタイルを金髪ボブにしてキャバレーで歌う場面やラブホテルでベッドに横たわる姿、バスタブにフルーツを浮かべて入浴する姿など、刺激的な姿が多数収められている。

 「Selfish」は、前田が大胆な演技を披露して話題の主演ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」の主題歌。「本能のままに生きる女性」を歌った楽曲で、前田はミュージックビデオでも、理性から解き放たれたかのような奔放で生き生きした演技を披露している。

 前田が出演した映画「さよなら歌舞伎町」の廣木隆一が監督を務め、東京および大阪で撮影。前田は「撮影で使用させて頂いたラブホテルが映画(『さよなら歌舞伎町』)のときと同じ場所だったので、久しぶりに皆で再集結したような感覚で嬉しかったです」と撮影時の心境を語る。さらに「早朝の通天閣を裸足で歩いたり、キャバレーのステージ上で歌ったり、貴重な体験もさせて頂きました。バスタブのシーンで浮かべたフルーツも実は3種類あって、すべて可愛く、女の子にも楽しく見てもらえるMVになったと思います」と出来栄えにも満足している様子だ。

 廣木監督も、「さよなら歌舞伎町」以来2度目のタッグとなった前田を「少女の領域を持ち合わせたオトナの女になっていた」と評し、「早朝の大阪を歩く前田が天使のようでもあり一人の恋する女でもあるように、自身の心を解放させてくれた。それは、見てる僕らの心も解放させてくれるように思える。僕の中で新しい映画のヒロインとストーリーがまた一つ誕生した瞬間のような気もする」とコメントを寄せている。

 また、お笑いコンビ「とろサーモン」の村田秀亮が彼氏役で共演しており、村田は「これほどの作品に出られて僕の人生のピークが来ているかもしれません」と語っている。

 同楽曲を収録したアルバム「Selfish」は6月22日発売。ミュージックビデオはショートバージョンがYouTubeで公開中(https://youtu.be/uDIawI1KMLE)。