「100年に1人の美人すぎるソプラノ歌手」田中彩子(公式HPより)

写真拡大

 ヨーロッパの中央に位置するオーストリアは東京から距離にして約9300km。飛行時間平均11時間55分。首都・ウィーンは、神奈川県横浜市と同じくらいの面積で、市の中央を北西から南東にかけてドナウ川が流れている。

 シューベルトが生まれ育ち、モーツァルト、ベートーベンら世界的音楽家が集ったこの街は「音楽の都」として栄えてきた。

 この街に18才のときやってきたのが、美人すぎるソプラノ歌手の田中彩子さん(32才)だ。6月5日放送の『情熱大陸』(毎日放送系)に出演して以来、美人すぎるソプラノ歌手として話題沸騰中だ。

 そしてそのルックス以上に注目されているのが、彼女の声。

「彼女は一般的なソプラノ歌手よりもはるかに高い音域を出すことができ、“100年にひとりのハイ・コロラトゥーラ”として、アジア人に厳しいヨーロッパのオペラ界で特別な存在感を放っているんですよ」(ウィーン在住音楽ジャーナリスト)

 3才から始めたピアノでプロを目指したが、手が小さいことから断念。大学進学を前に将来の不安を抱えていたとき、恩師が声楽の道へ誘った。高校卒業後に単身ウィーンへ。

「当初の友人はドイツ語の辞書。留学して4年、日本の同世代の友人たちが合コンなどをして青春を謳歌しているなか、彼女は精神的にも金銭的にもつらい思いを抱えながら、歌と向き合ってきました」(田中さんの友人)

 22才で初めて臨んだスイスでのコンクールが転機となり、現在にいたる。《信じられないほどの正確な高音! それに相反する柔らかな響き!》《まさに天使のような歌声》《人生の中でそう聞けることのない美しい声》《天からのギフト》…ヨーロッパ各国の音楽シーンで、田中さんはそう称賛されている。

「でも、ああ見えて彼女、ギャップがすごいんですよ。ステージでは体をしめつけると発声がうまくできなくなるから下着をつけないことが多いのですが、『情熱大陸』では、舞台に立つ前の楽屋で、外したブラジャーのホックが羽織っていたショールにひっかかってきたというシーンがあって、ビックリした人も多かったことでしょう。

 普通なら慌てふためくところ、彼女は笑ってやりすごしていましたが、そんなおちゃめな性格なんです」(田中さんの友人)

 黒髪に似合う、涼しげな目鼻立ちの田中さん。繊細で華奢なイメージだが…。

「彼女、体が資本なので1日5食は軽く食べるんです。一緒にいると、私だけどんどん太っていく…。趣味はマンガを読むことなんですけど、胸キュンは求めていなくて、もっぱら少年コミック。好きなマンガを聞くと『進撃の巨人』とか『ブラック・ジャック』だっていうんですよ」(田中さんを知る芸能関係者)

 長く彼の地に暮らす彼女だが、和食が好きで、帰国時は日本酒にお刺身が楽しみという。料理も得意だ。しかし…。

「田中さんは納豆が好きなんですが、ウィーンでは高くてなかなか買えない。だからインターネットで作り方を探して、市場で買った大豆で何度か自家製納豆にチャレンジしたことがあったそう。でも、そのにおいが、納豆だからなのか、腐っているからなのか、最後までわからなかったとぼやいていたこともありました」(前出・芸能関係者)

 遠い世界の歌姫の話と思いきや、勝手に親近感! 応援したくなっちゃったのは、あなただけじゃないはず。

※女性セブン2016年6月23日号