「ハリウッドがひれ伏した銀行マン」
ポスター画像

写真拡大

 20世紀後半のハリウッドで、900本もの傑作映画を支えた伝説的銀行員フランズ・アフマンに迫ったドキュメンタリー「ハリウッドがひれ伏した銀行マン」のポスタービジュアルと予告編が、公開された。

 「スーパーマン」「キングコング(1976)」「ターミネーター」「ランボー 怒りの脱出」「薔薇の名前」「プラトーン」「恋人たちの予感」「ダンス・ウィズ・ウルブズ」など、1970年代半ばから1990年代にかけて、メジャースタジオにはない題材と、斬新なキャスティングで生み出されたハリウッドの傑作をサポートした、オランダ人銀行マン、フランズ・アフマン。ロッテルダムのいち銀行員にすぎなかったアフマンは、イタリア出身の大プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティスとともに“プリセールス”というセールスのシステムを開発し、新興映画会社に次々と融資を行った。各国のインディペンデント配給会社もアメリカ映画の大作を手がけることが可能になり、世界の映画市場を大きく変えた、銀行マンの姿を知人らの証言によって映し出す。

 予告編では、監督を務めた、アフマンの実娘ローゼマインのナレーションに始まり、「映画の可能性を信じてくれる人」と往年のプロデューサーや俳優陣が次々とアフマンの偉業や人となりについて語る。数々のインタビューと共に、1987年の第59回アカデミー賞の模様や、懐かしい映像、写真が収められている。

 「ハリウッドがひれ伏した銀行マン」は、7月16日から、ヒューマントラストシネマ渋谷全国順次公開。