映画版で主演した
ブラッドリー・クーパーもゲスト出演していた 写真:Everett Collection/アフロ

写真拡大

 米ドラマ「リミットレス」がシーズン1で終了することが明らかになったと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

 同作はブラッドリー・クーパー主演の2011年の同名映画のドラマ化で、脳の能力を覚醒させるNZTというドラッグを手に入れた売れないミュージシャン(ジェイク・マクドーマン)が、FBIの犯罪捜査に協力するという刑事ドラマ。

 昨年9月に米CBSで放送を開始し人気を博したものの、広告主がもっとも重要視する18歳から49歳の視聴者層の同日視聴率が1.4%(録画視聴を含めて2.4%)と低かった。同じ放送日の「NCIS:ネイビー捜査官」(2.2%)、「NCIS:ニューオリンズ」(1.8%)に劣っており、来シーズンはドラマ版「トレーニング・デイ」や、リブート版「冒険野郎マクガイバー」といった新たな犯罪捜査ドラマがスタートすることから、米CBSは「リミットレス」の放送終了を決定。制作を手がけるCBSテレビジョン・スタジオは、アマゾンやネットフリックスでの番組継続を模索したものの、話がまとまらなかったという。

 企画・製作総指揮のクレイグ・スウィーニーは、番組継続が実現したなかったことをツイッターで報告。「非常に残念なことに、『リミットレス』はどのようなプラットフォームでも継続できないことになりました。番組を見てくれたすべての人に感謝します」とコメントした。