マッケンジー・デイビス Photo by Andrew Toth/Getty Images

写真拡大

 7月にクランクインする「ブレードランナー」の続編に、カナダ出身の女優マッケンジー・デイビスが参加することになったと、ハリウッド・レポーター誌が報じている。

 デイビスは、1980年代のコンピューター業界を舞台にした米ドラマ「Halt and Catch Fire」で注目を集め、リドリー・スコット監督のSF大作「オデッセイ」ではマット・デイモン演じる主人公の生存を発見するNASA職員を演じている。同作での演技力が認められ、スコット監督がプロデューサーを務める「ブレードランナー」の続編に起用された模様だ。

 なお、同作は82年公開の前作から数10年後を舞台にしており、レプリカント専門調査官のリック・デッカード役でハリソン・フォードが復帰。ストーリーは、スコット監督と前作の共同脚本家ハンプトン・ファンチャーが作った原案をもとに、ファンチャーとマイケル・グリーンが脚本を執筆している。

 キャストに関しては、ライアン・ゴズリング、ロビン・ライト、デビッド・バウティスタらの出演が決まっている。メガホンをとるのは、「プリズナーズ」や「ボーダーライン」で手腕が高く評価されたドゥニ・ビルヌーブ監督。製作はアルコンエンタテインメントで、北米配給はワーナー・ブラザース、世界配給はソニー・ピクチャーズ。全米公開は17年10月6日を予定。