『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』

写真拡大

米CBSの人気シリーズ『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』で2009年の放送開始当初からショーランナーを務めてきたシェーン・ブレナン。彼が、本国アメリカで今年5月に終了したシーズン7をもって同役から降りることが発表された。米TV Lineほか複数のメディアが報じている。

【関連特集】今、「潜入捜査」が熱い!『ロサンゼルス潜入捜査班』に大注目!

ブレナンは、本家『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』のシーズン4から脚本家や製作総指揮者として同シリーズと関わるようになり、2009年に『NCIS:LA』のショーランナーに就任。このほどCBSとの契約を2年延長したものの、今後は製作総指揮者にまわり、シルヴェスター・スタローン主演のアクション映画『エクスペンダブルズ』のTV化といった新しいプロジェクトに参加するという。

米Deadlineによると、後釜を担うのは、ブレナンの右腕として『NCIS:LA』にシーズン1から参加しているR・スコット・ゲミル。 彼は、同シリーズの30話以上で脚本に関わり、160話以上で製作総指揮を担当してきた。ほかにも、『犯罪捜査官ネイビーファイル』『ER 緊急救命室』といった人気TVシリーズをプロデュースしている。

新ショーランナーが手掛ける『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』シーズン8は、米CBSで今秋から放送スタート。(海外ドラマNAVI)