佐藤江梨子、柴犬とのCM共演で過去の「飼い犬への無責任発言」に非難殺到

写真拡大

 昨年8月、一般男性との間に第一子となる男の子を出産したタレントの佐藤江梨子。産休から復帰後、ドラマやCMに出演しママタレントとしてもスタートし始めていたが、別のところでも大きな注目を集めていた。芸能記者が言う。

「話題となっているのは今から10年以上前のインタビュー記事です。その中で佐藤は、『以前、マメ柴を飼っていたけど大きくなりすぎて人にあげた』『次は大きくなりすぎないティーカッププードルがいいな』などと、飼い主として大変無責任な発言をしていたんです」

 ネット上には、「もう2度と犬を飼うな!」「だから海老蔵に捨てられたんじゃ?」といった批判コメントが並び、愛犬家からは、「生き物をアクセサリー扱いとか人として最低」と、さらに厳しいコメントが飛び出した。

 現在もこのインタビュー画像がユーチューブやまとめブログを中心に拡散されているようだ。

 しかし、10年前のインタビューが、今になって掘り起こされたのはなぜだろうか。

「サトエリが柴犬と共演したDHCのCMがかわいいと話題となりました。もしかしたら、『サトエリ 犬』で検索をかけたネットユーザーが記事を見つけたのかもしれませんね」(前出・芸能記者)

 サトエリ自身が手放した同種の犬とのCM共演は、単なる偶然の一致だろうか。

(佐藤ちひろ)