厳選!2歳馬情報局(2016年版)
第1回:トゥザクラウン

 GI日本ダービー(東京・芝2400m)が終わり、今週末からは2014年生まれの2歳馬による新馬戦がスタートする。彼らが目指すのは、来年のクラシック。1年後の舞台に向けて、新たな戦いが始まることとなる。

 そんな現2歳世代において、血統背景から多大な注目を集めている馬がいる。トゥザクラウン(牡2歳/父キングカメハメハ)である。

 母は、2001年のGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)の優勝馬トゥザヴィクトリー。同年春に挑戦した、海外GIドバイワールドカップ(UAE/ダート2000m)でも2着に健闘するなど、高い能力を示した一級牝馬だった。

 そして彼女は引退後、母として多数の活躍馬を世に送り出している。2007年生まれのトゥザグローリー(牡/父キングカメハメハ)は、引退までに重賞を5勝。GIタイトルには届かなかったものの、GI有馬記念(中山・芝2500m)で2年連続3着になるなど、僅差の争いを演じた。

 2011年生まれのトゥザワールド(牡/父キングカメハメハ)は、GII弥生賞(中山・芝2000m)を4連勝で制し、牡馬クラシックの最有力候補となった。結局、三冠のタイトルは獲得できなかったものの、GI皐月賞(中山・芝2000m)で2着と好走。以降も、有馬記念やオーストラリアのGIで2着に入るなどの実績を残した。

 その他では、2012年生まれのトーセンビクトリー(牝4歳/父キングカメハメハ)が、昨年のGIIローズS(阪神・芝1800m)で3着に入線。今後の活躍が期待されている。

 それらの活躍馬とまったく同じ血統背景を持つのが、トゥザクラウンだ。期待が高まるのは無理もないが、デビュー前の育成段階から、すでに素晴らしい動きを見せているという。育成を担当したノーザンファーム早来(北海道)の木村浩崇氏は、今年4月の時点でこう語っていた。

「育成を始めた頃はまだ体がゆるい印象でしたが、今はシャープになって、動きも急激によくなりました。坂路を走っても、自分から進んでいきますし、文句なしの手応えで上がります。操縦性もあって、本当に優等生ですね」

 兄姉たちは重賞戦線で活躍してきたが、GIタイトルにはまだ手が届いていない。しかし、「この馬こそは......」と期待させるものがあるという。木村氏が続ける。

「重賞勝ちもある兄たちは、とりわけスピードの持続力が武器でした。一方で、トゥザクラウンはキレそうな感じです。また、調教をやってもへこたれず、休んだこともありません。乗り始めたときから背中の可動域が広くて、『これはすごいな』と思った馬。デキはいいですし、頼もしいです」

 トゥザクラウンを管理するのは、池江泰寿厩舎(栗東トレセン/滋賀県)。トゥザグローリーやトゥザワールドに続いて、この血統を見ることとなる。陣営にとっても、「今度こそ、この血統でGIを」という思いは強いはずだ。

 一族悲願のGI奪取に向けて、トゥザクラウンはどんな走りを見せるのか。クラシックの有力候補として、デビューの日を楽しみにしたい。

河合力●文 text by Kawai Chikara