ウェントワース・ミラー

写真拡大

米ロサンゼルスにて、5月23日(月)〜27日(金)の間、LAスクリーニング2016が開催されている。米5大ネットワークの新作ドラマについては先日当サイトのニュースでもお伝えした通りだが、今日は現地時間5月26日(木)のFOXの試写作品を紹介しよう。

【関連記事】LAスクリーニング2015【FOX編】

1.『A.P.B.』:ハイテク技術の分野で成功しているビリオネアの経営者が、ある日、街で強盗事件に巻き込まれ親友を失う。911に電話するも親しい人の命を救えなかったことを機に、彼は自分の技術・能力をシカゴ警察の人員設備に注ぐ。ハイテクなドローン技術の描写や人間模様がスピーディーにクロスする作品。ジャスティン・カーク(『Weeds 〜ママの秘密』)主演、そのほか、ナタリー・マルティネス(『アンダー・ザ・ドーム』)、ケイトリン・ステイシー(『REIGN/クイーン・メアリー』)らが主人公と共に新しい時代の治安維持に挑む女性達を好演している。

2.『THE EXORCIST』:不朽のホラー映画『エクソシスト』の現代版リメイク。二人の神父が悪魔に取り憑かれた人々と向き合っていく。『Law & Order: UK』や『ハウス・オブ・カード』で知られるベン・ダニエルズが、悪魔を追い続けているマーカス神父を演じており、『センス8』のアルフォンソ・ヘレラが、マーカス神父と何らかの接点を持つトーマス神父を演じる。メキシコでの悪魔祓いシーンもエキゾチックな雰囲気が漂う。

3.『THIS IS US』:全くタイプの違う36歳の3人。彼らの境遇を、じっくりと描いていくヒューマンドラマ。妻子に恵まれ仕事も成功している黒人のエリートビジネスマンをスターリング・K・ブラウン(『American Crime Story』)、脱・肥満を目標にグループセラピーに通う女性をクリッシー・メッツ(『アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場』)、人気者のTVスターでありながらも自分の演じるキャラクターに嫌気がさしているイケメンをジャスティン・ハートリー(『リベンジ』)が演じている。

4.『24:LEGACY』:大人気シリーズ『24 -TWENTY FOUR-』から生まれた"新・24"。戦地で勲章を立てた軍人が米国へ帰国し、妻と安らぎの時間を取り戻せるかという時に、何者かに命を狙われる。CTU(テロ対策ユニット)に助けられた後、史上最大規模のテロから母国を守るため立ち向かっていく。主役の米軍兵をコーリー・ホーキンズ(『ウォーキング・デッド』)、CTUの新責任者役にミランダ・オットー(『HOMELAND』)、そのほかダン・ブカティンスキー(『スキャンダル 託された秘密』)やアナ・ディオップ(『TOUCH/タッチ』)ら海外ドラマファンに馴染みのあるキャストが揃う。

5.『STAR』:それぞれの人生に問題を抱える3人の若い女子たちが、シンガーグループとしての成功を夢見て生き抜いてゆくストーリー。リー・ダニエルズ(『Empire 成功の代償』)が製作総指揮を務めており、3人の若手女優の活躍が楽しみな作品。クィーン・ラティファ、レニー・クラヴィッツら大物シンガーも参加。

6.『SON OF ZORN』:実写映像にアニメーションで描かれたキャラクターを主人公に据えた、面白い試みのハイブリッド版ドラマ(アニメ?)。主人公のZornは彼は完全なアニメーションキャラクターなのだが、元妻や息子とのやりとりが笑える。Zornのボイスキャストは『Saturday Night Live』で活躍のジェイソン・サダイキス。

7.『MAKING HISTORY』:大きなスポーツバッグの中が、実はタイムマシンになっている、という設定で、時代を行き来する3人の若者たちが織り成すコメディ。『ゴシップガール』のブレア役で人気を博したレイトン・ミースターが演じる、性差別、人種差別のない自由な社会を目指し、18世紀でたくましく生きる聡明な女性役が美しい。

8.『PRISON BREAK』:日本でも大ヒットした『プリズン・ブレイク』の復活版。死亡したと思われていたマイケル(ウェントワース・ミラー)が、中東イエメンに収監されているとの手がかりをつかんだサラ(サラ・ウェイン・キャリーズ)と、マイケルの兄リンカーン(ドミニク・パーセル)が脱獄計画を企て、さらにスクレ(アマウリー・ノラスコ)やティーバッグ、シーノートとも再会し、マイケルを脱獄させるべく大計画が進行していく。

9.『SPEECHLESS』:特別な支援を必要とする子どもがいる家族を中心に巻き起こるファミリーコメディ。ミニー・ドライヴァー(『ザ・リッチズ』)が、子どもたちのより良い成長のために奮闘する母親の姿を面白可笑しく演じており、マイカ・フォウラー(『とらわれて夏』)が車いすの少年JJを演じる。

10.『SHOTS FIRED』:アメリカの小さな田舎町で、アフリカ系アメリカ人の若い警官が白人の子どもを撃ってしまう。専門の調査員と司法省から送られた特別検察官が調査を始めるが、人種問題に触れる事件はマスメディアの注目を集め、社会的不安が高まっていく。スティーヴン・モイヤー(『トゥルーブラッド』)、ウィル・パットン(『フォーリング スカイズ』)らが出演。

11.『PITCH』:メジャーリーグに初の女性投手が誕生するという設定のドラマ。幼い頃より野球の才能があり、父と一緒に二人三脚でメジャーまで登りつめた女性アスリートの姿を描く。カイリー・バンバリー(『アンダー・ザ・ドーム』)が、女性初・紅一点でチームの一員としてやっていく女性投手ジニー・ベーカーを熱演。

※タイトル、クレジットなどは変更になる場合あり。

作品の詳しい紹介はLAスクリーニング2016特集で公開予定。次回のLAスクリーニング2016・スタジオ速報ニュースもお楽しみに!(海外ドラマNAVI)

■関連記事・今年もやってきた! LAスクリーニング2016スタジオ現地速報【CBS編】『BONES』最終シーズンは2017年に放送延期! ファンとのお別れが少しだけ先に今年もやってきた! LAスクリーニング2016スタジオ現地速報【ABC編】