特集:「最強世代」の日本ダービー(1)
蛯名正義騎手インタビュー(前編)

いよいよ注目の日本ダービー(東京・芝2400m)が5月29日に開催される。多数の有力馬が顔をそろえて熾烈な争いが予想されるが、なかでも有力視されているのは、牡馬クラシック第1弾の皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)を制したディーマジェスティ。主戦の蛯名正義騎手を直撃し、まずは同馬の強さについてうかがった――。

―― 最初に皐月賞勝利、おめでとうございます。レース前は、マカヒキ、サトノダイヤモンド、リオンディーズの「3強」の争いと言われていましたが、終わってみれば、蛯名騎手騎乗のディーマジェスティが2着マカヒキに1馬身4分の1差をつけての完勝です。「3強」を含めて、すべての馬をまとめてねじ伏せてしまう、本当に強い勝ち方でした。

「うまくいったね。レースの流れもこの馬に向いたし、展開もズバッとはまったし、いろいろなことがうまく噛み合った。その結果、勝つことができたと思うけど、それでも僕が思っている以上に、この馬は走るかもしれない」

―― レース前は、どんな競馬をしようと考えていたんですか。

「ゲートを出てから、どうするか考えようと思っていた。前に行こうとか、いいところにつけてうまく立ち回ってやろうとか、そういうことは一切考えていなかった。というのも、共同通信杯(2月14日/東京・芝1800)を勝って、この馬は『東京は走る』って確信していたからね、大目標はダービーだった。だから、皐月賞は『これでダービーがちょっと楽しみになったんじゃないの』っていう、『そういう競馬ができたらいいな』くらいのスタンスでいた。未勝利のときに負かしたマウントロブソンがそこそこの人気(6番人気)になって(結果も6着)、この馬もそれぐらいは走れると思っていたけど......まさか勝つとはね」

――「3強」の存在は意識していましたか。

「みんなが『あの3頭は強い』って言うし、実際にレースを見ても強いと思っていた。ただ、それまで(ディーマジェスティとは)一緒に走ったことがなかったからね。意識しなかったわけじゃないけど、その『3強』相手に自分の馬がどういう競馬をしてくれるのかっていう思いのほうが強かった。『3強』にまるで歯が立たなくて、『あぁ〜、ダービー、つまんねぇな』なんてことだけにはなりたくないって、そんなことを思っていましたかね(笑)」

―― どの辺りで勝利を確信しましたか。

「最後の坂を上がってくるところで、他の馬とは脚色が全然違った。それで、『あッ、これなら(前の馬を)つかまえられるわ。勝っちゃうよ、これ』って思いましたね」

―― まさしく"無欲の勝利"という感じですね。

「変な色気をもって、中途半端なことをしたら、ろくな結果にはならないっていうことは、これまでの経験からよくわかっていることだからね。だから、とにかく目標はダービーだ、と。今回(皐月賞)は、ひたすらダービーを見据えたレースをする、と。そう思って乗っていたら、予想以上に前が速くなって、展開がズバッとはまった。『勝ちたい、勝ちたい』と、どれだけ思っても勝てないときは勝てないのに、そんなに(勝ちたいと)強く思っていなくても、勝てるときは勝てる。不思議だね、競馬は」

―― 蛯名騎手は、2戦目の未勝利戦(2015年9月26日/中山・芝1800m)からディーマジェスティに騎乗。同馬のことを「強い」と思ったのは、いつ頃からですか。

「初めてレースで乗る前の、攻め馬に乗ったとき。そのとき『いい馬だ』と思いました」

―― ただ、その2戦目の未勝利戦も新馬戦に続いて2着でした。

「当時はまだ、馬が仕上がっていなくてね。それで、あのときもなんかもたもたして、道中の流れにうまく乗っていけなかった。それでも、あのメンバーの中では能力が抜けていたから、例えば途中から強引にまくっていくとか、何か仕掛けていけば、きっと勝てたと思う。

 だけど、そこで僕が思ったのは、『この馬は、そういうことをしないでも勝たないといけない。そういうレベルの馬だ』っていうこと。もし、あそこで何かをやってしまうと、たとえ結果として勝てたとしても、将来的に距離がもたなくなってしまうとか、悪い影響が出かねない。それなら、『ここで結果的に負けてしまっても、無茶なことはしないでおこう』と思ったんです。そのうえでの2着ですからね。僕の(ディーマジェスティの資質の高さに対する)確信は揺らぎませんでしたよ」

―― 名馬物語にはよく「負けを糧にする」という話が出てきますが、この馬にもそんな秘話があったということですね。では、蛯名騎手がそれほど惚れ込んだこの馬の一番いいところはどこですか。

「フットワークや走りの軽やかさ。そういったところに、父ディープインパクト(のよさ)がよく出ている。そこがいいね。それと、性格がおとなしくて、レースでも余計なことをしないこと。つまり、賢い。そこも、この馬の優れているところだね」

―― ところで、ディーマジェスティは2月の共同通信杯からトライアル戦を挟まず、直行で皐月賞を制しました。このローテーションは、昨年の二冠馬ドゥラメンテ、一昨年の皐月賞馬イスラボニータと同じです。つまり、皐月賞は3年連続で共同通信杯からの直行組が勝っています。これが今、競馬ファンや関係者の間で話題になっていますが、蛯名騎手はその点について、どう思われますか。

「やはり日本の調教技術がそれだけ上がってきている、ということだろうね。海外では、トライアルを使わないでクラシックを勝つのはよくあるし、ラムタラ(※)みたいにデビュー2戦目でダービーを勝つ馬もいる。日本もそうしたことが可能になるくらい、調教技術が上がっているんだと思う。かつてはクラシックに向かうにあたって、トライアルを使わないと『息ができない』、つまり戦う状態に仕上がらないって言われたものだけど、もうそういう時代じゃない、ということは確かだと思う」
※アメリカ産の欧州調教馬。イギリスを舞台に活躍し、デビュー2戦目で英国ダービーを制覇。その後、3戦目で古馬混合のイギリス最高峰のレースであるキングジョージ6世&クイーンエリザベスSを、4戦目には世界最高峰のレースとなる凱旋門賞を制した。4戦4勝で欧州三大競走完全制覇を達成。「神の馬」と称された。

後編につづく。

新山藍朗●文 text by Niiyama Airo