「ダミアン(原題)」より
 - Bryan Bedder / Getty Images for A&E

写真拡大

 映画『オーメン』の続編となるテレビドラマ「ダミアン(原題) / Damien」が第1シーズンで打ち切られたと The Hollywood Reporter などが報じた。

 同ドラマは、過去にとらわれながらも30歳の大人になったダミアンが、恐ろしい出来事に直面しながら、自分が悪魔の子であるという真の運命と向き合っていくというストーリー。テレビドラマ「魔術師マーリン」でアーサーを演じたブラッドリー・ジェームズがダミアンを演じ、ダミアンのアンチクライストな運命をサポートする役目を持った、世界最強の女性アン・ラトレッジをバーバラ・ハーシーが演じていた。

 当初は米ケーブル局Lifetimeで6エピソードが製作される予定だったが、姉妹局のA&Eに移り、4エピソードが追加され、10エピソードで第1シーズンを終えている。

 クリエイターのグレン・マザラはTwitterで、「言うのはつらいが、『ダミアン(原題)』の第2シーズンはない。素晴らしいファンには僕らから感謝の言葉を伝えたい」「『ダミアン(原題)』を作るのは最高だった。みんな楽しんでいた。ただ、数字が取れなかった。頑張ったんだけどね」と打ち切りの報告をしている。(澤田理沙)