来年発売されるiPhoneには有機EL(OLED)ディスプレイが搭載される、との噂は以前からありましたが、製造装置メーカーの動向からもその可能性が高そうです。来年発売されるiPhoneは「iPhone8」になるとも見られています。

ディスプレイ製造装置メーカーが巨額受注!

アメリカの半導体製造機器メーカー大手のアプライド・マテリアル社の受注状況から、2017年のiPhone向けOLEDディスプレイ搭載の可能性が高まった、とブルームバーグが報じています。
 
アプライド・マテリアル社の2016年第2四半期の四半期決算によると、ディスプレイ製造装置部門が7億ドル(約770億円)と、ほぼ年間の収益に匹敵する発注を受けており、同社CEOのGary Dickerson氏はこの大幅な伸びを「一時的なものではなく、継続的なものだ。みんな、モバイルデバイス業界のリーダーが誰かを知っている」と語っています。
 
同部門の前年同期の受注額は1億8,000万ドル(約200億円)と、およそ4倍に伸びていることが分かります。

製造装置の稼働はちょうど2017年のiPhone製造開始の時期

Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏は、「アプライド社の受注は、今年ではなく、2017年のiPhoneに向けた動きだ」と語ります。
 
ディスプレイ製造用装置という業務用の機械は、受注から製造を経て設置までに9カ月程度の時間がかかると見られており、この時期に発注された装置は、ちょうど来年のiPhoneの製造が開始される頃、工場に設置されることとなります。
 
なお、ブルームバーグの取材に対し、Appleの広報担当者はコメントを拒否しています。

初代iPhoneから10年の節目のモデルでOLED搭載?

OLEDディスプレイは、画素そのものが発光するため、液晶ディスプレイには不可欠なバックライトが不要となり、省電力で薄型化が可能です。さらに、表示が鮮やかでコントラスト比が高い、とメリットが多い半面、製造工程が複雑なため、現時点ではディスプレイの主流にはなっていません。
 
iPhoneへのOLEDディスプレイ搭載の噂は以前からありましたが、採用は2016年ではなく2017年以降ではないか、と見られていました。
 
昨年末から今年初めにかけて、iPhone向けのOLEDをサムスンやLG、そしてジャパンディスプレイが製造するのではないか、と報じられています。

2017年のiPhoneは「iPhone8」!?

iPhoneの従来どおりのモデルチェンジ周期にならえば、今年はデザインが大きく変更されるiPhone7で、来年は小規模変更のiPhone7sと続くと見られます。
 
しかし、初代iPhoneの発売から10周年の節目となる2017年のiPhoneは、従来のサイクルとは異なり大幅な変更が加えられ、名称もiPhone8になるとも予測されています。

 
 
Source:Bloomberg
(hato)