クリスチャン・ボール

写真拡大

現在ロンドンのウェストエンドで上演中のミュージカル『チャーリーとチョコレート工場』が、ブロードウェイへ舞台を移すとのニュースを以前お伝えした。そのブロードウェイ版で、ミュージカルドラマ『SMASH』に出演していたクリスチャン・ボールが、主役ウィリー・ウォンカを演じることが明らかとなった。米BROADWAY.COMが報じている。

【関連コラム】『SMASH/スマッシュ』の世界 現代ミュージカル誕生の地――ニューヨーク、ブロードウェイを探る

ロアルド・ダールの児童書「チョコレート工場の秘密」は、1971年にジーン・ワイルダー主演で『夢のチョコレート工場』として映画化され、2005年にはジョニー・デップ主演で『チャーリーとチョコレート工場』として甦っている。ウィリー・ウォンカによって経営される、謎に包まれた不思議なチョコレート工場を見学できる"ゴールデン・チケット"を手に入れた、チャーリーをはじめとする5人の子どもたち。彼らが体験する驚きの世界を、イマジネーション溢れるビジュアルとブラックなユーモア満載で描き出す作品だ。

ブロードウェイ版で演出を手掛けるジャック・オブライエンは、「思いつく限り、クリスチャンはウィリー像を作り上げることができる最初の...いや、唯一の人物です。彼が持つ鋭さや子どもが醸し出すようなファンタジー性、本物のスターとしての魅力とミステリアス感といった組み合わせは、この役を演じるためにピッタリな要素です」と、インタビューで語っている。

クリスチャンは、昨年『Something Rotten!』の演技でトニー賞ミュージカル部門助演男優賞を受賞し、2012年にもミュージカル『ピーターと星の守護団』で同賞に輝いている。また、スクリーンでは『SMASH』のほか、米NBCの実写版ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック LIVE!』と『Peter Pan Live!』にも出演。今秋からは、ブロードウェイミュージカル『Falsettos』に登板することも決定している。

クリスチャンが出演する『チャーリーとチョコレート工場』は、ラント・フォンタン劇場にて、2017年3月よりプレビュー公演が開始される予定。ロンドン・ウェストエンド版は、シアター・ロイヤル・ドルリー・レーンにて絶賛上演中。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『GIRLS』アンドリュー・ラネルズ、『SMASH』クリスチャン・ボールとミュージカルで共演!【海外ドラマ目線から楽しむトニー賞】海外ドラマ・ファンにおススメのミュージカル『Something Rotten』& 『On The Twentieth Century』米NBC局で生ライブ放送された『サウンド・オブ・ミュージック・ライブ!』、5月2日(土) DVD発売決定!