アレクシス・ブレデル

写真拡大

2000年から7シーズンにわたって放送され、人気を博した母と娘の絆を描くファミリードラマ『ギルモア・ガールズ』。米Netflixが製作する復活版で、ローリー・ギルモア役でカムバックするアレクシス・ブレデルが、待望の第一子となる男児を出産して、ママになっていたことが明らかとなった。

【関連記事】集まれイケメン高校生キャラ!<前編> 〜演じる人気イケメン俳優とともにご紹介〜

2014年8月にアレクシスは、1960年代のニューヨークを舞台に広告業界を描くドラマ『MAD MEN マッドメン』のピート役で知られるヴィンセント・カーシーザーと結婚。米E!Onlineによると、最近になってアレクシスの代理人が、昨年の秋に彼女が第一子を出産していた事実を認めたとのこと。だが、アレクシスの懐妊を一番にメディアに漏らしてしまったのは、『ギルモア・ガールズ』でルークを演じたスコット・パターソンだったという。

米ファッション誌Glamourのインタビューで、本作の復活版について答えたスコットは、「アレクシスに会えて嬉しかったよ。すっかり大人の女性になって、今では結婚してママになって幸せいっぱいだからね。大学を卒業してハリウッドに出てきたばかりだった、18歳のアレクシスを覚えているよ。彼女はすごく感じが良くて、知性があって可愛らしくて、ちっとも昔と変わっていないんだ」とコメント。スコットの息子は、アレクシスの息子より1歳半だけ年上だそうで、復活版の撮影中の合間に、二人は子どもの写真や動画を見せ合っていたのだとか。

復活版にはスコットとアレクシスのほか、ローリーの母親ローレライ役のローレン・グレアムとスーキー役のメリッサ・マッカーシー、レーン役のケイコ・アジェナらおなじみの面々が集結。また、ローリーの元恋人として、ローガン役のマット・ズークリー、ディーン役のジャレッド・パダレッキ、ジェス役のマイロ・ヴィンティミリアもカムバックすることが決まっている。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・メリッサ・マッカーシー、やっぱり『ギルモア・ガールズ』復活版に出演!米Netflixの復活版『ギルモア・ガールズ』、メインキャストの復帰が決定!メリッサ・マッカーシー、『ギルモア・ガールズ』復活版に呼ばれなかった!