映画の力で被災地復興の助けに (C)2016くまもと映画製作実行委員会

写真拡大

 行定勲監督、橋本愛、高良健吾ら熊本出身の映画人が結集し同県で撮りあげた中編映画「うつくしいひと」が、5月29、30日に全国のイオンシネマ29館でチャリティー上映されることが決定した。集まった鑑賞料金は、「くまもと映画製作実行委員会」を通じ熊本地震の義援金として被災地に全額寄付される。

 映画は現在と過去が交錯するラブストーリーで、「熊本の素晴らしさを実感できる映画を製作する」という思いのもと、地域活性化に取り組む人々や行政の連携プロジェクトとして始動。今回の上映を決定したイオンエンターテインメントは、作品鑑賞を通じ「本来の熊本の美しい風景に思いを馳せていただき、復興の一助となることを願っております」と発表している。

 「うつくしいひと」チャリティー上映は、5月29、30日に北海道・江別、北見、釧路、山形・天童、三川、茨城・守谷、埼玉・大井、浦和美園、春日部、東京・板橋、むさし村山、千葉・ユーカリが丘、市川妙典、幕張新都心、神奈川・海老名、新潟・県央、石川・金沢、愛知・名古屋茶屋、三重・桑名、東員、滋賀・近江八幡、京都・京都桂川、大阪・茨木、和歌山・和歌山、香川・高松東、福岡・大野城、戸畑、福岡、佐賀・佐賀大和のイオンシネマで実施される。鑑賞料金は1000円。