ジェイコブ・トレンブレイ

写真拡大

人知れず長年監禁されるという極限状態で支え合う母と子の姿を描き、本年度のアカデミー賞主演女優賞(ブリー・ラーソン)やトロント国際映画祭の観客賞(最高賞)など数多くの賞を獲得した映画『ルーム』。同作の演技で世界中をとりこにした子役のジェイコブ・トレンブレイが、米ABCの新作ドラマに出演することが決まった妹に対して、お兄ちゃんらしくエールを送っている。

【関連フォト】映画の外でもいい親子ぶりを披露! 映画『ルーム』ブリー・ラーソン&ジェイコブ・トレンブレイ

米Entertainment Weeklyによると、妹のエリカが出演するのはコメディドラマ『Imaginary Mary(原題)』。ジェナ・エルフマン(『ふたりは最高! ダーマ&グレッグ』)演じる30代の独身女性が、3人の子どもを持つ男性と出会ったことでそれまでの人生が一転する様を描いていく。エリカの役柄は、ジェナの相手役を演じるスティーヴン・シュナイダー(『セーブ・ミー』)の末娘だ。

ジェイコブは、Twitterに「僕の妹、エリカ・トレンブレイが『Imaginary Mary』の予告編でその可愛さを披露しているよ」と、妹のドラマ出演を喜ぶコメントを投稿。そこには"#proudbigbrother"というハッシュタグが付けられており、兄として可愛い妹を自慢に思っていることもうかがえる。『ルーム』で多くの映画祭に引っ張りだことなったジェイコブは、行く先々でレオナルド・ディカプリオやシルヴェスター・スタローン、レイチェル・マクアダムス、ジェニファー・ローレンスといった有名スターと写真を撮り、可愛がられていた様子だったが、家では立派なお兄ちゃんのようだ。

エリカは2014年頃から子役として活動しており、『THE KILLING 〜闇に眠る美少女』や『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』にゲスト出演している。また、ジェイコブとエリカにはエマという姉がおり、このエマも子役。マット・デイモン主演の『エリジウム』、ロバート・ダウニー・Jr主演の『ジャッジ 裁かれる判事』といった映画のほか、米FOXのミステリードラマ『ウェイワード・パインズ 出口のない街』のシーズン2に出演している。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・母子の愛を描きアカデミー賞4部門ノミネートの映画『ルーム』予告編解禁!『ルーム』のオスカー女優ブリー・ラーソンが婚約!レオ様のスピーチも! 第88回アカデミー賞受賞者コメント