ルーカス・ティル

写真拡大

1980年代の人気ドラマ『冒険野郎マクガイバー』のリメイクとなるTVシリーズ制作に、米CBSが正式にゴーサインを与えたことを、米Deadlineなどが報じた。

【関連記事】ピーター・レンコフがショーランナーを務める『HAWAII FIVE−0』シーズン2撮影中のアレックス・オロックリンにインタビュー!!

米ABCで1985年から7シーズンにわたって放送されたオリジナル版(主演:リチャード・ディーン・アンダーソン)は、銃器を使わず、豊富な科学知識と天才的なひらめきを用いて、世界中の悪と対決する男、マクガイバーの活躍を描いた。リメイク版のマクガイバーは、オリジナル版よりも若い20代の青年という設定。秘密組織を設立した彼は、オリジナル版と同様、型にはまらない問題解決思考で災難を未然に防ぐ。

主演を務めるのは、『X-MEN: フューチャー&パスト』や『X-MEN: アポカリプス』(日本では8月公開)に出演しているルーカス・ティル。共演は、『CSI:科学捜査班』のジョージ・イーズほか。

また、企画/脚本を担当するのは、『HAWAII FIVE-O』のショーランナーとして、有名作品のリメイクを成功させた実績のあるピーター・レンコフ。リメイク企画の立ち上げ以来、R・スコット・ゲミル(『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』)や、新進のポール・ダウンズ・コレイゾ、ブレット・マホーニー(『ザ・フォロイング』)が脚本に携わってきたが、最終的にレンコフに落ち着いた。

製作総指揮は、オリジナル版の製作総指揮者も手掛けたヘンリー・ウィンクラーと、オリジナル版のクリエイターであるリー・デヴィッド・ズロトフ。『ソウ』『ワイルド・スピード SKY MISSION』の監督として知られるジェームズ・ワンも、製作総指揮に名を連ねる。また、リメイク版は、CBSテレビジョン・スタジオとライオンズゲートTVの共同制作作品になる。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『冒険野郎マクガイバー』リメイク、主演は『X-MEN』ルーカス・ティル『CSI』ジョージ・イーズがリメイク版『冒険野郎マクガイバー』に出演!『冒険野郎マクガイバー』リメイク、パイロット制作が決定