写真提供:マイナビニュース

写真拡大

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の授賞式が現地時間21日に行われ、スタジオジブリの長編最新作『レッドタートル ある島の物語』(9月17日公開)が特別賞を受賞した。

オランダ生まれのマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督は「この映画をまだ見ていない人はいつか見てください。これはスタッフと私の努力の結晶です」と呼びかけ、「高畑さん、ありがとう!」とアーティスティック・プロデューサーを務めた高畑勲監督に感謝した。

本作は、嵐の中、荒れ狂う海に放り出され、ある無人島にたどり着いた男の物語。2000年に公開されたマイケル監督の『岸辺のふたり』を見たジブリの鈴木敏夫プロデューサーが、この監督の長編を見てみたいという気持ちが出発点となった。

初の長編制作となるマイケル監督は、尊敬する高畑勲監督から長編映画の制作全般について助言を受けることを条件に快諾。高畑監督参加のもと、スタジオジブリとシナリオ・絵コンテ作りから効果音・音楽にいたるまで、ある時は直接会って話し合い、ある時は海を越えてやりとりし、8年もの歳月をかけて完成させた。

受賞を受け、鈴木プロデューサーも「メルシーボクゥ(ありがとう)、マイケルさん。そして、おめでとう。完成までの10年間は長かったけれど、カンヌ映画祭で賞に選ばれて、僕も本当にうれしいです。高畑さんはじめ、制作にかかわったスタジオジブリのスタッフ一同も喜んでいます」と喜びのコメントを発表。「この受賞をきっかけに、フランス、日本、そして世界中で一人でも多くの人に見てもらいたいです」と期待している。

「ある視点」部門では、『レッドタートル ある島の物語』が特別賞を受賞したほか、深田晃司監督作『淵に立つ』が審査員賞を受賞した。

(C) Kazuko Wakayama