牝馬クラシック第2弾、桜花賞から距離が一挙に800メートル延び芝2400メートルで競われるGI「優駿牝馬(オークス)」。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、かつてオークスを制したシーザリオが、なぜ早すぎる引退をすることになったのかを解説する。

 * * *
 角居厩舎では2005年にシーザリオ、2008年にもトールポピーが勝っています。特にシーザリオは厩舎に初めて牝馬GI勝利をもたらし、開業以来の目標だった海外遠征での勝利。まさに快挙でした。6戦5勝。あまりに短い付き合いでしたが、濃密な思い出があります。

 鞍上は桜花賞を除いて福永祐一騎手。12月の新馬戦を勝ち、2戦目の寒竹賞が試金石でした。2着アドマイヤフジは皐月賞5着、ダービー4着、その後も金杯を連覇。4着ダンスインザモアもスプリングSを勝つなど、メンバーが揃っていた。そんな中、4番人気で勝ち切りました。新馬のマイル戦、寒竹賞の2000メートルと牡馬相手に快勝したことで、将来への手応えを得たことを鮮明に覚えています。

 そしてフラワーC(圧倒的1番人気)を勝ち、3戦3勝で桜花賞へ向かいます。順調そのものに思えますが、実は“虚弱児”でした。デビューが遅れたのも体質が弱かったからです。

 前脚の種子骨(つなぎの上の球節の骨)に隙間が多く、密度が高まらないまま馬体が成長してしまう。待っていても骨が強く固まらないので、ゲート試験を経てとにかく競馬をしてしまおうと判断しました。

 脚元に不安があったものの、人間の指示をよく聴き、調教もしやすかった。当初は脚のさばきがダート馬っぽい感じでしたが、芝で使ってみると切れのよい走りでした。

 桜花賞では、祐一君騎乗のラインクラフト(1着)にアタマ差で敗れたものの、直線で豪快な追い込みを見せました。おかげでオークスのような長い距離のほうがいいとの感触を得られ、その通りの快勝でした。

 アメリカンオークスでも見事に期待に応えて凱旋帰国。ひと夏ゆっくり休ませようとしましたが、ここでウィークポイントが悲鳴を上げます。

 種子骨靭帯炎。おそらくアメリカでも気になっていたはずですが、メンタルの強さで我慢していたんですね。緊張が解けたとたんに痛み出すことはよくあります。走ると痛がるので、放牧後の調教も進みません。これでは期待されたパフォーマンスが出せずに可哀相な結果になってしまう。苦渋の判断でしたが、繁殖牝馬としての価値が飛び抜けて高くなっていたこともあり、早すぎる引退となったのです。

 祐一君は雑誌のインタビューで「僕が乗った中での最強牝馬。それも群を抜いていた」と語っています。母親としてもエピファネイア、リオンディーズなど、2頭のGI馬を送り出しました。

 府中の2400メートルを走るオークスは、3歳牝馬にとっては苛酷なレースといわれ、かつては勝ち馬がその後低迷していたこともありました。しかし近年はブエナビスタ、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトなどその後牡馬相手に活躍するようになりました。そういった見極めが叶う好レースです。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後15年で中央G犠〕数23は歴代2位、現役では1位(2016年5月1日終了時点)。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、馬文化普及、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイア、ラキシス、サンビスタなど。

※週刊ポスト2016年5月27日号