神木隆之介&桐谷健太
&清野菜名も登場!

写真拡大

 人気脚本家・宮藤官九郎が監督を務めたオリジナル映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の劇中に登場する地獄専属ロックバンド「地獄図(ヘルズ)」が5月21日、東京・若洲公園で行われた野外フェス「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016」に出演。鬼を引き連れて登壇したメンバーのキラーK(長瀬智也)、関大助(神木隆之介)、COZY(桐谷健太)、邪子(清野菜名)が、約1万人の観客を熱狂させ、晴天に恵まれた会場はさながら“地獄絵図”と化した。

 フェスの口火を切るオープニングアクトとして、メインステージで主題歌「TOO YOUNG TO DIE!」を生披露。大歓声が巻き起こるなか、リーダーのキラーKが「地獄へようこそ。マザファッカー!!」と絶叫すると、観客のボルテージは最高潮に達した。同曲の間奏ではメンバー紹介が行われ、キラーKは「地獄から日帰りでやってきたぜ! 俺様がボーカル&ギターのキラーKだ、マザファッカー!!」と会場を盛り上げた。

 続けてベースの邪子も「親からもらった大事な体に、『いいちこ』と(タバコの)『ハイライト』のタトゥー入れちゃいました! 彼氏に刺されてTOO YOUNG TO DIE」と、地獄に落ちた理由とともに自己紹介。さらに「バイクで事故ってTOO YOUNG TO DIE」と告白したドラムのCOZYは、俊敏なエアドラムを披露し観客を爆笑させた。

 ハイテンションなキラーKたちを尻目に、新メンバーであるギターの大助(神木)だけは「あ、皆さん、関大助です。17歳です。なんか今日はありがとうございます」と淡々と挨拶。そして「僕、今日は『サカナクション』を見に来まして。あ、高橋優さんも好きなんですけど。会場の移動とかが上手くできればと思ってます」「ぶっちゃけ、映画の宣伝で来ちゃいました。映画は6月25日公開です。6月25日公開ですよ!」とひょうひょうと語る姿に、場内からは「かわいいー!」との声が上がっていた。

 コメディ映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」は、交通事故で命を落とした男子高校生の大助が、「地獄図」のキラーKの厳しい指導のもと、現世によみがえるため奮闘するさまを描いた。6月25日から全国で公開。