数原龍友

写真拡大

DCコミックの最強ヒーローたちがチームとして集結し、未来を変えるレジェンド(伝説)となって活躍する人気シリーズ『レジェンド・オブ・トゥモロー』。本作のブルーレイ&DVDが今秋リリースとなる。本作で初めて海外ドラマの吹替に挑戦するGENERATIONS from EXILE TRIBE の数原龍友が、本日5月19日に都内で開かれた記者会見に登場。今回担当した二代目デスストローク役の声あてを披露した。

【関連記事】『プリズン・ブレイク』のあの声優コンビが『レジェンド・オブ・トゥモロー』に集結! 東地宏樹&江川央生インタビュー

数原は初の海外ドラマの吹替ということで、どうだったかについて聞かれると、「歌う声とは違う、低い声や枯れたような声など、自分でボイスレコーダーで録って何度も練習しました。殴られた時のうめき声だとか、普段出すようなことが無い声を出すのはやはり難しかったです」と話した。

グループ内の中でもDCコミック通という数原は、「『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』も好きです。その中から出て来たヒーローたちと戦う悪役の声だったので、本当に恐縮でした。恐れ多いです。一生懸命取り組みました」と、しっかりとした面持ちで語った。

『レジェンド・オブ・トゥモロー』では、『プリズン・ブレイク』でスコフィールド兄弟を演じたウェントワース・ミラーとドミニク・パーセルが、それぞれキャプテン・コールド、ヒートウェーブとして登場していることが海外ドラマファンの間でも大きな話題の一つとなっているが、「僕も『プリズン・ブレイク』見ていましたので、今回その二人と対決する悪役の声を演じられるなんて本当に嬉しいです」と笑顔の数原。さらに「アフレコに関してはド新人だけど、スタッフの方がアドバイスしてくださったり、メンバーのみんなも背中を押してくれたので、本当にありがたかったです」と熱く語った。出来ばえについては100点満点中50点だという数原。現場ではスタッフからかなり高評価だったと伝えられるも、まだまだこれから先があるからということで、本人の評価は謙虚で厳しい様子だった。

悪役にちなんで、「最近、悪い事をやってしまったことはありますか?」という問いには、「ゴキブリのフィギュアをメンバーのヘッドフォンケースの中に入れました」というやんちゃな面も披露。「それが発見された時、僕はその場に居なかったのですが、翌日行ったらそれが話題になっていて...。結構真剣に怒っていて、メンバー同士が、"お前がやったのか? いや、お前だろ?"と、みんなで犯人探しを始めてしまったところで、横から見ていて心苦しくなり、自分から名乗り出ました(笑)」と素直に白状したということだ。

今後はナレーションの仕事などにもチャレンジしていきたいと意欲を見せる数原が海外ドラマ初吹替に挑む『レジェンド・オブ・トゥモロー』は、今秋ブルーレイ&DVDリリースとなる。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『プリズン・ブレイク』のあの声優コンビが『レジェンド・オブ・トゥモロー』に集結! 東地宏樹&江川央生インタビュー『プリズン・ブレイク』ドミニク・パーセル、"弟"との関係を語る『プリズン・ブレイク』ウェントワース・ミラー、中傷され胸中を語る