歴史スペクタクル「ベン・ハー」予告編も完成 (C) 2016 Paramount Pictures and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc.
 All Rights Reserved.

写真拡大

 古代ローマ時代を舞台にした歴史スペクタクル「ベン・ハー」が2017年に全国公開されることが決定し、第1弾予告編がお披露目された。

 ローマ帝国の圧政とイエス・キリストの死を背景に、ユダヤの豪族の息子ベン・ハーの数奇な運命を描いた映画としては、ウィリアム・ワイラー監督、チャールトン・へストン主演「ベン・ハー(1959)」があまりに有名。後に「タイタニック」「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」に並ばれるも、いまだ破られることのないアカデミー賞歴代最多11冠を達成した不朽の名作を、「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフ監督が最新技術を駆使し新たに描く。

 公開された予告編では、義兄弟のメッサラの裏切りで奴隷の身となったベン・ハーが、復しゅうを誓い、ルール無用の競技場での対決へと突き進む。冒頭の奴隷船が大海原で転覆する場面から、59年版を彷彿させる戦車競技まで、壮大な世界観が迫力たっぷりに展開される。

 主演のジャック・ヒューストンは、「アフリカの女王」「荒馬と女」で知られる名優ジョン・ヒューストンを祖父にもち、これまで「アメリカン・ハッスル」「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」などに出演してきた新鋭。宿敵メッサラ役のトビー・ケベルをはじめ、モーガン・フリーマン、ロドリゴ・サントロらが脇を固める。脚本はキース・クラークと「それでも夜は明ける」でアカデミー賞脚色賞を受賞したジョン・リドリーが手がけた。