5月22日に開催されるGIオークス(東京・芝2400m)。牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(4月10日/阪神・芝1600m)では、無念のハナ差2着となったシンハライト(牝3歳)が、その悔しさをバネにして同舞台でのタイトル奪取を目指す。

 昨年10月にデビュー勝ちを収めたシンハライトは、そこから無傷の3連勝を飾った。2戦目でオープン特別の紅梅S(1月17日/京都・芝1400m)を勝利すると、3戦目には桜花賞トライアルのGIIIチューリップ賞(3月5日/阪神・芝1600m)を制覇。僅差の勝利ながら、勝ちタイムは1分32秒8のレースレコードを記録した。

 迎えた桜花賞。2歳女王で断然人気のメジャーエンブレム(牝3歳)を目標にしてレースを展開。早めに仕掛けて"女王"を難なくとらえると、直線半ばで先頭に立った。が、最後は後方待機に徹したジュエラー(牝3歳)の強襲に屈した。わずか2cmの差だった。

 ジュエラーは、シンハライトが勝ったチューリップ賞でもハナ差の激戦を演じた宿敵。桜の舞台では逆転を許したものの、この2頭に実力差はなく、展開のアヤと言っていい敗戦だった。

 そういう意味では、オークスが両者の決着をつける一戦になると思われた。ところが、レースを目前にして、その宿敵・ジュエラーが骨折。同レースを回避することになってしまった。また、桜花賞で人気を集めたメジャーエンブレムは、別路線に矛先を変えて(5月8日、NHKマイルCで優勝)不参加。相次ぐライバルたちの離脱で、シンハライトは図らずも"負けられない立場"となった。

 とはいえ、シンハライトにとってはオークスこそ、自らの真価を発揮する絶好の舞台。強力なライバルたちに引導を渡し、自らが"真の女王"であることを証明するつもりだった――そんな雰囲気が、関わったスタッフたちの言葉からは伝わってくる。

 デビュー前のシンハライトが身を置いて、現在はレース間の短期放牧の際に訪れるのが、ノーザンファームしがらき(滋賀県)である。当地で同馬を担当する鈴木康介氏は、オークスでこそ生きる彼女の"長所"についてこう語った。

「(コンビを組んでいる)池添謙一騎手も言っていたのですが、シンハライトはフットワークが素晴らしいんです。体の使い方がうまくてブレない。体幹が強いんですよね。そのため、パワーをきちんと前に伝えられますし、楽に前へと進めるんです。馬はどうしても斜めに走ってしまいがちなのですが、それもありません。この血統はみんなフットワークがいいのですが、シンハライトはその中でも特にいいですね」

 同馬がデビューから3連勝を飾ったとき、鈴木氏は「驚くというより、やっぱり強いな」という印象だったという。その思いの根底にあるのは、彼女の持つ一級品のフットワークだった。

 オークスは、2400m戦。3歳牝馬にとっては、どの馬にも未知の距離となる。当然ながら、これまでにないスタミナやタフさが要求される。その舞台において、ブレずに前へと進んでいける体幹の強さは、確実に武器となるだろう。

 さらに、2400mという距離は、シンハライトの性格からしてもプラスになるという。前出の鈴木氏が語る。

「シンハライトは、すごく乗りやすい馬で、頭がいいんですよね。折り合いを欠くようなこともなく、無駄な力を使うことがないんです。ですから、距離が2400mに延びても、何ら不安はありません。普段の様子を見ても、本当にかわいいんですよ(笑)。人間が大好きで、僕らが近づくとブーブー鳴くんです。そういうタイプですから、折り合いの心配もないと思いますよ」

 これまでのレースを振り返っても、確かに騎手に反抗するようなところは一切見られなかった。どんなレースにも対応し、センスのよさが随所に感じられた。その裏には、この馬の際立った従順さがあったのだ。それこそ、騎手の指示に従えるかどうかがポイントになる初距離で、大きなプラスアルファとなるに違いない。

 順調に成長を重ねる彼女だが、これまでまったく苦労がなかったわけではない。430kgの小柄な体形からもわかるとおり、"食の細さ"には鈴木氏をはじめ、スタッフの誰もが気を使ってきた。

「最初の頃は、カイ食い(※カイバの食べっぷり。カイバとは馬が食べるエサのこと)が悪くて、体重の維持に神経を使いました。デビュー戦を勝ったあとも、408kgまで体重が落ちて、カイ食いも細くなったんですよね。でも、2戦目以降はレース後の馬体減が少なくなり、レースを使ったあともすぐにカイバを食べるようになったんです。桜花賞のあとも、激しいレースをこなしたにもかかわらず、予想以上に状態はよかったですね」

 カイ食いがよくなれば、疲労回復に好影響をもたらすだけでなく、普段の調教でもより負荷をかけられる。何より、レースを使うごとにカイ食いがよくなっているということは、オークスではさらにワンランク上のパフォーマンスを見せられるかもしれない。シンハライトにとってオークスは、まさに真骨頂を発揮する舞台となるのだろう。

 ジュエラーとメジャーエンブレムのライバル2騎は不在だが、そんな一戦だからこそ、シンハライトにとっては大きな意味がある。決戦を前にして、鈴木氏はこんな思いを口にした。

「まずは無事に走ってほしい、という気持ちです。あとは個人的な思いですが、牝馬三冠最後の秋華賞には、ぜひ『3強』と言われた3頭がそろう姿を見たいですね。そのためにも、シンハライトにはオークスでがんばってほしい。ここで結果を出して、GI馬3頭が秋に顔をそろえれば、きっと盛り上がるはずですから」

 強敵がいなくなったとはいえ、2400mのGIを勝ち切るのは決して簡単ではない。だが、シンハライトにはオークスでこそ期待したくなる"利点"がいくつもある。桜花賞の雪辱を果たし、見事「女王」の座を手にすることができるのか、その勇姿をしっかりと見届けたい。

河合力●文 text by Kawai Chikara