ビジネスマンの必読紙・日経新聞の競馬予想が「当たる」と話題になっている。実際、5月1日に東京競馬場で開催された12レース中、実に11レースで日経が「本命(◎)」もしくは「対抗(○)」とした馬が1着でターフを駆け抜けた。8日開催の12レースも8レースを的中。各日のメインレースとなった1日の天皇賞と8日のNHKマイルカップ(いずれもGI)でも、日経はいずれも勝ち馬に「○」の印を付けていた。

 実は日経には全国紙で唯一、競馬の「専門記者」がいて取材と予想に励んでいる。高給で知られる日経だけに業界では、「日本一給料の高い競馬記者」とも呼ばれる。中でも有名なのが、異色の経歴を持つ競馬記者・野元賢一氏である。

◆著書で異例の「業界批判」

 1964年生まれの野元氏は東大法学部を卒業後、毎日新聞社に入社し、長野支局を経て運動部に配属された。

「彼は大学時代から大の競馬好き。毎日新聞でも競馬を担当していたが、どうしても専門になりたくて中途採用で日経に転職したそうです。現在は日経本紙だけでなく、競馬専門誌のコラムやテレビ、ラジオの競馬番組でも活躍しています」(競馬紙記者)

 野元氏の名を一躍世に広めたのが、2012年、約30億円の払戻金を得た会社員が外れ馬券の購入費を「必要経費」として認めてもらえず、6億9000万円もの所得税を課せられたことに端を発した「馬券課税裁判」だ(※注)。野元氏は紙面でこの会社員を徹底擁護して名を馳せた。

【※注:追加徴税を不服とした男性が提訴し、最高裁まで争われた結果、「馬券は経費」とする判決が下された】

 彼に話を聞こうと取材を依頼したが、広報を通じ「紙面に書いていることがすべてです。今回は辞退させて頂きます」との回答で、残念ながら“出走拒否”だった。

 しかし、野元氏の競馬に対する並々ならぬ思いは、著書『競馬よ! 夢とロマンを取り戻せ』(日本経済新聞社刊)に記されている。彼はこの本で、競馬記者としては異例の業界批判を展開していた。

〈公営競技は(中略)護送船団体質が今も温存されながら、JRAを含めて苦境にある。身を切るような改革を早急に実現しなければ、多くの娯楽産業の中で埋没していくのは避けられまい〉

◆“檀家回り”はしない

 業界批判も厭わない野元氏の姿勢は、取材スタイルにも表われている。スポーツ紙の競馬担当記者がいう。

「多くの競馬記者は“檀家回り”で情報を集めます。檀家とは厩舎のことで、記者は調教師や厩舎スタッフと酒を飲んだりしながら親しくなって、馬の状態などをこっそり聞くことで特ダネや大穴情報を書く。

 だが、野元さんは厩舎回りをしない。有名人で関係者からも一目置かれているので、馴れ馴れしくしなくても、適度な距離を保った取材ができる。実はスポーツ紙や専門紙の大穴欄は厩舎との“お付き合い”で書くケースが多く、ファンもそれを知っている」

 彼はインタビューで好きな言葉を「単独者」と答えている。競馬記者の仕事は、最終的に自分が責任を取る覚悟を持たなければいけないと考えているからだろう。では、「よく当たる」秘密はどこにあるのか。前出のスポーツ紙記者が語る。

「野元さんは最後の『追い切り』には必ず顔を出しているのですが、そこでの観察、分析に優れているというのが同業者の評価です。追い切りとはレースの3〜4日前に行なう、最後の追い込みの調教。スポーツ紙や専門紙のように追い切りの記事を書くわけではないので、野元さんはここで直前の馬の調子を自身の目で確かめて予想しているのでしょう。

 また、彼はそれぞれの競馬場の特徴を深く研究しているようです。以前、難しいと言われるある競馬場のコースについて、『注意点』と『勝負所』を騎手から熱心に取材していた」

 競馬ファンが野元氏の予想との「付き合い方」を語る。

「専門紙は読者受けを狙って『大穴』『中穴』『本命』と複数の記者に役割分担して予想させるため、予想が安定しない。全国紙の日経は大穴を狙う必要もないため、本命を中心とした堅実な予想になる。的中率が高いので、専門紙とは別にチェックしています」

 投資家が株価の変動を分析するために熟読する日経には、思わぬ「宝の山」がひそんでいる。

※週刊ポスト2016年5月27日号