C・ロナウドが歴史的快挙! 6シーズン連続で公式戦50ゴール超え

写真拡大

 レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが14日、敵地で行われたリーガ・エスパニョーラ最終節デポルティボ戦で2得点を挙げ、6シーズン連続で公式戦50ゴール超えの大記録を樹立した。スペイン『マルカ』など複数メディアが報じている。

 勝たなければ優勝の可能性がない2位レアルは前半7分、左サイドを突破したMFガレス・ベイルのマイナスのパスからFWカリム・ベンゼマが狙ったシュートが右サイドに流れると、フリーで待ち構えるC・ロナウドが左足で蹴り込んでスコアを1-0とする。さらに前半25分、MFトニ・クロースが蹴り出したCKをC・ロナウドがヘッドで合わせ、追加点。C・ロナウドはハーフタイムにMFハメス・ロドリゲスと交代した。

 レアルはそのまま2-0で勝利したが、グラナダに3-0で勝利した首位バルセロナに勝ち点1及ばず、逆転優勝とはならなかった。それでもC・ロナウドが今季公式戦のゴール数を51ゴールに伸ばし、2011-12シーズン以降の6シーズンすべてで公式戦50ゴール以上を記録。これはフットボール史上で初めてとなる大記録のようだ。

 なお、レアルは28日にアトレティコ・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝を控えており、このC・ロナウドの得点数はまだまだ伸びる可能性がある。

 以下、C・ロナウドの過去6シーズンの公式戦得点数

2010-11:54試合53得点

2011-12:55試合60得点

2012-13:55試合55得点

2013-14:47試合51得点

2014-15:54試合61得点

2015-16:47試合51得点


●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集