【衝撃】日本人に最も忘れられている都道府県は島根県だと判明!

写真拡大 (全7枚)

日本には47の都道府県があることは誰もが知っているでしょう。しかし、その47都道府県をすべてリストアップするとなった場合、スラスラとすべて回答できる人はあまりいないのではないでしょうか。

うっかり忘れてしまう都道府県



筆者は桃太郎電鉄で相当な勉強を重ねてきたため日本の地理には自信がありますが、いざ47都道府県をあげろと言われたら、やはりどこかで詰まってしまいそうな気がしまいます。存在感が薄い都道府県、つまり忘れられてしまう都道府県がいくつか存在するわけです。

日本人から最も忘れられる都道府県は?





そこで、トリビアニュース編集部では独自に調査を敢行。5分間の制限時間内で47都道府県をあげてもらい、出てこなかった都道府県を集計。日本人から忘れられている都道府県をランキング形式にしてみました!

調査対象





今回の調査対象者は男女・年代は問わず合計100名。ただし、出身地や居住地が分散するように対象者を選びました。

忘れられている都道府県ランキング発表!



それでは、日本人から忘れられている都道府県ベスト10を発表します! あなたの出身地や居住地はランクインしているでしょうか?

1位 島根県



残念ながら1位に輝いてしまったのは島根県でした。回答者と答え合わせをしてもピンと来ない方も多く、忘れられているどころか、そもそも認識されていない可能性さえ感じられました。

島根県は中国地方にある県で、県庁所在地は松江市。出雲大社あたりが観光地としては有名ですが、出雲=島根と認識している方も少なさそうな気配です。他には何があるのでしょうか。うーむ……。

2位 福井県

島根県とそこまで大差なく2位にランクインしたのは福井県でした。日本海に面する北陸地方の県で、県庁所在地は福井市です。やはり福井に何があるのかと問われればインパクトが薄い感があるのは否めません。

3位 佐賀県

3位は九州地方の佐賀県がランクインしました。かつてはお笑い芸人のはなわさんが「佐賀県」というタイトルの曲を発表して大ブレイクしましたが、それも10年以上昔の話。曲中でも佐賀県の何もなさを自虐的に歌っていましたが、元の姿に戻ってしまったといったところでしょうか。

4位 滋賀県

近畿地方の滋賀県が4位にランクイン。日本最大の面積と貯水量を持つ琵琶湖が有名ですが、滋賀県にあるということを知らない方も多いのかもしれません。また、佐賀県と混同してしまう方も多そうですね。

ちなみに県庁所在地は大津市。ゆるキャラブームの火付け役として知られる『ひこにゃん』は滋賀県・彦根市のキャラクターです。

4位 山口県



中部地方の山口県も同点で4位にランクインとなりました。県庁所在地は山口市ですが、下関市の方が大きな都市として発展しているため、下関は知っているけど、山口をうっかり忘れてしまうという方も多そうですね。

山口県は三方がそれぞれ違う海に囲まれ、県内には山も多く、豊富な食材が取れることで食通には親しまれている県なのです。

6位 山形県

東北地方の山形県が6位でランクイン。自然が豊かで、雪山や温泉などが有名。果物や野菜もたくさん採れます。ご当地グルメも豊富で、ゆったりと観光するには良い県だといえるでしょう。しかし、やはりこれといったインパクトがない点は否めません。東京から新幹線ですぐアクセスできるのですが……。

6位 富山県

同じく6位でランクインした富山県。2015年に北陸新幹線が開業しましたが、やはりインパクトの薄さが気になります。ちなみに筆者も富山県はリストアップできませんでした。いったいどんな県なのでしょうか。桃太郎電鉄を参考にすると、『マスの寿司屋』と『チューリップ園』が有名なようです。

8位 宮城県



8位にランクインしたのは宮城県。仙台市が非常に有名なので意外な感じがしますが、逆に仙台のイメージが強くなりすぎて宮城という単語が出てこないのでしょう。実際に『仙台県』と間違えて回答した方も何名かいました。

9位 岐阜県

9位は中部地方の岐阜県がランクイン。本州では6番目に広い面積の都道府県で、日本の中心に位置します。県の中心部は名古屋からアクセスしやすいこともあってか、岐阜出身者の多くは「名古屋出身」を自称する傾向がある気もします。

9位 愛媛県



四国地方の愛媛県も9位にランクインしました。県庁所在地は松山市。四国地方で唯一人口100万人を超えている県なのですが、四国で最も日本人から忘れられているのは愛媛県ということになりました。愛媛といえばみかんのイメージが強いですよね。逆にみかん以外に何があるのでしょうか。

どの県にもいいところがたくさん!



上位10位は以上のような結果となりました。しかし、日本人から忘れられているとはいえ、魅力のなさと比例するわけではありません。知識や印象がないからこそ、訪れてみると新しい発見があるかもないですよね。

傾向としては自然豊かな都道府県が多くランクインしてきたので、ゆったりと癒やしを感じたい時などにふらりと旅行してみるといいかもしれません。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/