ラウレス硫酸ナトリウムに要注意!

写真拡大

日頃よく使っている市販のシャンプーには、洗浄力の強い界面活性剤が使用されている事が多く、知らない間に頭皮や髪にダメージを与えている場合があります。今回はなぜ、そのような成分を使用するのか、洗浄力の強い界面活性剤とはどのような成分なのか、見てみましょう。

洗浄力の強い界面活性剤:ラウレス硫酸ナトリウム

市販のシャンプーは良くないという記事や口コミを見ると分かりますが、高い確率で「ラウレス硫酸ナトリウム」という言葉が出てきます(ナトリウムの部分はNaと略される場合もあります)。強い洗浄力がある界面活性剤であるラウレス硫酸ナトリウムは、同じく界面活性剤として使用されるラウリル硫酸ナトリウムの分子を1つ1つ大きくして、髪や頭皮に浸透しすぎないようにしたものであり、洗浄力や刺激、皮脂を取る力はラウリル硫酸ナトリウムとほとんど変わりません。

そんなラウレス硫酸ナトリウムですが、なぜ市販のシャンプーに多く含まれているのでしょうか。

洗浄力が高い!泡立ちが良い!単価が安い!の3拍子

ラウレス硫酸ナトリウムには洗浄力が高い、泡立ちが良い、単価が安いという特徴があります。
単純に髪を洗うという目的で使用するのであれば、しっかり洗えて安いシャンプーというのはとっても魅力的ですよね。この3拍子がラウリル硫酸ナトリウムのメリットと言えますが、それ以上にデメリットが酷いのです。洗浄力の高さは裏返せば「頭皮の皮脂を取り過ぎる」事になります。皮脂をゴッソリ取られた頭皮は乾燥し、フケや臭い、炎症の原因になります。また、刺激が強いのでダメージヘアのように髪質を低下させてしまう場合もあるのです。

髪や頭皮への影響を考えると、いくら安くて泡立ちが良くても「ラウレス硫酸ナトリウム」配合のシャンプーはオススメできません。1回使って髪や頭皮に何らかの悪影響があれば、すぐに使用を中止した方が良いでしょう。

ラウレス硫酸ナトリウム以外に注意すべき成分

ラウレス硫酸ナトリウム、そしてその仲間であるラウリル硫酸ナトリウムは使い続けると髪や頭皮に良くないという事は分かっていただけたと思いますが、この2つ以外にも注意すべき成分はたくさんあります。
「ラウレス硫酸TEA」、「ラウリルエーテル硫酸ナトリウム」、「ラウレス-3硫酸アンモニウム」、「オレフィンスルホン酸」など名前は似ていますが、どれも髪や頭皮には良くない成分です。

市販のシャンプーを購入する際は、ぜひ成分表を見てから購入してみてください。
今使っているシャンプーにもラウレス硫酸ナトリウムが含まれているかもしれませんよ・・・!