今週5月8日(日)は、東京競馬場で3歳マイル王を決めるGI NHKマイルC(芝1600m)が行なわれる。クラシック桜花賞、皐月賞出走組とマイル戦線を進んできた組が激突する興味深い一戦で、GI日本ダービーにもつながる可能性があることからも要注目のレースだ。

 今年の出走馬で最大の注目馬は、昨年の2歳女王メジャーエンブレム(牝3歳、美浦・田村康仁厩舎)だろう。今回と同じコースで行われたGIIIクイーンC(2月13日)を1分32秒5という破格のタイムで5馬身差の圧勝。GI桜花賞(4月10日/阪神・芝1600m)では単勝1.5倍の圧倒的人気に推されたが、道中は7番手からと普段の競馬ができず、4着に終わっている。ただ、GI桜花賞は行きっぷりが悪く、状態も本調子ではなかったのだろう。1000m通過は59秒1とそれほど速いペースではなく、GIIIクイーンCを1000m通過57秒8のラップで逃げ切っていただけに、ふつうの状態なら楽にハナを奪っていたはずだ。さらに、控えての瞬発力勝負では敵わないこともわかったので、今回は逃げる形になるだろう。万全の状態でその形ができれば、恥ずかしい競馬はしないはずだ。

 東京芝1600mの逃げ切りは簡単なことではないが、このレースでは過去に2012年のカレンブラックヒル、2014年のミッキーアイルと、2頭が逃げて勝利を収めている。3歳のこの時期なら、スピードの違いで押し切ることができるのだ。メジャーエンブレムは、それが可能な実力馬と見ている。

 血統面も優秀だ。父ダイワメジャーはGI皐月賞、GI天皇賞・秋、そして今回と同じコースのGI安田記念などGIを5勝した名馬で、前述のカレンブラックヒルは同馬の産駒。母の父オペラハウス、祖母の父レインボウクウェストは欧州のクラシックレースを思い起させる本格派血統であり、父のスピードだけでなく母系にスタミナの血を持つのは、厳しいこのコースを走るうえでは大きな武器となる。かつての名牝で、父の妹でもあるダイワスカーレットを思い起こされる走りを見せているメジャーエンブレム。GI NHKマイルCでは、同馬に少しでも近づけるような走りを見せて欲しい。

 その他の有力馬も見ていこう。メジャーエンブレムと同じ父の産駒ティソーナ(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)も注目の存在だ。叔父にJpnI帝王賞のゴルトブリッツ、祖母の弟に三冠馬ディープインパクトがいる名牝系の出身で、祖母の父シーキングザゴールドは1997年の勝ち馬シーキングザパールと同じ。牝系には2003年の勝ち馬ウインクリューガーもおり、このレース向きの血が揃っている。やや行きたがる面があり、ベストは1400mかもしれないが、このコースでも勝利があるし、速いペースになれば折り合いも付き、末脚が活かされるだろう。好走は可能。

 ロードクエスト(牡3歳、美浦・小島茂之厩舎)はGI皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)8着からの参戦。ここ3戦連敗が続いているが、昨年8月のGIII新潟2歳S(芝1600m)は上がり3F32秒8の脚で5馬身差の圧勝という強い内容で、2戦2勝のマイル戦に戻るのはプラスだろう。前走は早めに動いて末脚を失ったので、いかに我慢できるかがポイントになりそう。GI有馬記念を勝ったマツリダゴッホ産駒として初のGI馬となるか。

 2009年のGI皐月賞を勝った新種牡馬アンライバルド産駒のトウショウドラフタ(牡3歳、美浦・萱野浩二厩舎)も相当な能力の持ち主。昨秋のからまつ賞(2015年11月22日/東京)から左回りの芝1400mで3連勝を果たしている。2走前のクロッカスS(1月30日/東京)では2着に3馬身差を付ける完勝で、前走のファルコンS(3月19日・中京)では不良馬場をものともせず、後方追走から直線では大外を豪快に伸びて差し切っている。重馬場も馬群も苦にしない精神力の強さも心強い。勝利した4勝はすべて1400mと、距離にはやや不安があるので、ハイペースで前に壁を作って折り合いをつけたいところだろう。

 GI皐月賞を回避し、ここ一本に絞ってきたのがイモータル(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)。2着に敗れたGIII共同通信杯(2月14日/東京・芝1800m)の勝ち馬ディーマジェスティがGI皐月賞を勝利したことから、この馬の評価も高まっている。新馬戦(新潟・芝1800m)を5馬身差で圧勝後、続くサウジアラビアロイヤルC(2015年10月10日/東京・芝1600m)でハナ差の2着。GI朝日杯フューチュリティS(同年12月20日/中山・芝1600m)では9着と崩れたが、前走のGIII共同通信杯で再び2着。左回りの3戦では連を外さない堅実な走りを見せている。約3カ月ぶりの実戦となるが、父マンハッタンカフェの産駒には2009年の勝ち馬ジョーカプチーノがいて、叔父にはGI独ダービー馬シロッコもいる底力あふれる血統。さらなる成長を見せてくれる可能性も高い。

 ブレイブスマッシュ(牡3歳、美浦・小笠倫弘厩舎)は同コースで行なわれた昨年のサウジアラビアロイヤルCでイモータルを破り、重賞制覇を収めている。前走のGIIIファルコンSではトウショウドラフタと同じ脚いろで伸びて1馬身3/4差の2着。左回りでは5戦して1勝2着4回と連を外していない。父トーセンファントムはGIII東京スポーツ杯2歳S2着と実績は目立たないが、その父ネオユニヴァースは桜花賞馬ジュエラーの父ヴィクトワールピサと同じという"旬"な血統でもある。加えて、ダイワメジャーやダイワスカーレットとも同じスカーレットインク牝系ということもあり、3歳マイルGI向きの血統とも言える。

 トライアルのGIIニュージーランドTを勝ったダンツプリウス(牡3歳、栗東・山内研二厩舎)はブライアンズタイムの23世代目の産駒。父にとっては2006年GIII京都金杯のビッグプラネット以来10年ぶりの芝マイル重賞勝ちだった。GIでは、馬券に絡んだのは2002年GI安田記念2着のダンツフレーム、勝利は1998年GI桜花賞のファレノプシスまで遡る。昨今では、GIで勝ち負けするのはなかなか難しい血統と言えるだろう。

平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki