ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 天皇賞・春(京都・芝3200m)が5月1日に行なわれます。

 天皇賞は、秋に東京でも開催される伝統の一戦です。かつては、東京でも3200m戦で行なわれていましたが、グレード制が導入された1984年から、現行の2000mに距離が短縮されました。

 その背景にはまず、3200m戦を目いっぱいこなしたあとでは、およそ1カ月後に行なわれるジャパンC(東京・芝2400m)の際に"お釣り(余力)"が残っていない、という懸念があったと思います。そして何より、世界で通用する馬づくりのために、競走馬のスピード強化を図る狙いもあったのでしょう。

 当時、距離短縮には賛否両論あったようですが、結果として今、世界に通用する"強い"日本馬が存在しているのですから、その試みは正解だった、と言えるかもしれませんね。

 一方で、今なお3200mという伝統的な距離で行なわれている天皇賞・春の重要性は、やや薄れてきています。競走馬のスピード志向が強くなってきたことで、種牡馬の価値もマイルから中距離辺りの実績が重視され、この一戦を勝つことに執着する関係者が減っているのです。ゆえに最近は、トップホースの回避も目立つようになってきました。

 それでも今年は、中長距離実績十分の、昔ながらの日本馬を彷彿とさせる好メンバーがそろいましたね。見応えのあるレースになりそうです。

 その中心となるのは、昨年の有馬記念(2015年12月27日/中山・芝2500m)の勝ち馬ゴールドアクター(牡5歳)です。

 同馬については、有馬記念のコラムでも触れたとおり(※2015年12月26日配信「有力馬に不安あり。ゴールドアクターが有馬記念で波乱を起こす」)、一昨年の菊花賞(京都・芝3000m)3着のあと、翌年の函館まで休ませて成長を促したことが功を奏しました。以降、函館の1000万条件戦で復活すると、一気に4連勝を飾って有馬記念を制するまでに至りました。

 普通なら菊花賞のあと、その後の有馬記念や翌春の天皇賞・春を目指したくなるところ。それを回避した陣営の、大英断と言えますね。

 有馬記念の勝利がフロックでないことは、前走の日経賞(3月26日/中山・芝2500m)ですぐに証明されました。まさに横綱競馬というレースぶりで他馬をねじ伏せ、GI馬、グランプリ馬の貫録、風格を十分に漂わせていましたね。菊花賞での走りを見る限り、今回の距離もまったく心配はないでしょう。

 唯一の懸念は、1番人気が濃厚ということ。1番人気で迎える大舞台は、騎手自身にもプレッシャーがかかりますし、他の陣営からのマークもきつくなりますからね。有馬記念では伏兵的な存在だったため、比較的気楽な立場で乗れたと思いますが、今回はそう簡単なものではないと思います。

 そういう意味では、鞍上の吉田隼人騎手の力を試される場であり、手腕の見せどころでもあります。もし1番人気に応えて勝利をつかめるようなら、人馬ともに、さらに上のステージへと登っていくことでしょう。

 強敵は、シュヴァルグラン(牡4歳)。この馬もまた、昨夏から大きな成長を遂げた1頭です。

 シュヴァルグランは昨春の京都新聞杯(8着。2015年5月9日/京都・芝2200m)のあと、無理せず早々に休養に入りました。夏の終わりの札幌までじっくりと休んで、そこで成長を促してきました。それが、今の飛躍につながっていると思います。

 8月末の札幌で復帰したあとは、コンスタントに結果を出して、復帰2戦目から3連勝を飾ってオープン入り。年明け初戦の日経新春杯(1月17日/京都・芝2400m)で2着と好走すると、前走の阪神大賞典(3月20日/阪神・芝3000m)では圧巻の競馬を披露しました。2着に2馬身半差をつける完勝で、本格化を感じさせるレースぶりでしたね。

 とにかく操作性の高い馬で、仕掛けると即反応し、シュッとした脚を繰り出せるところが最大の魅力です。やはり長距離戦では、そうした操作性、馬と人とのコミュニケーションの高さが重要な要素となります。

 その点、シュヴァルグランは安心して乗れる馬。鞍上の福永祐一騎手も、かなりの手応えを感じているのではないでしょうか。

 この他、昨年の菊花賞馬キタサンブラック(牡4歳)、一昨年の菊花賞馬トーホウジャッカル(牡5歳)、そして昨年のレースで勝ったゴールドシップを際どく追い詰めた2着のフェイムゲーム(牡6歳)など、長距離戦で実績のある馬が多数参戦。ここ数年の中では、レベルの高いメンバーが顔をそろえて、本当に面白いレースとなりました。

 そんな激戦の中、今回の「ヒモ穴馬」には、サウンズオブアース(牡5歳)を取り上げたいと思います。

 前走の日経賞では、斤量58kgのゴールドアクターに対して、サウンズオブアースは斤量56kgで臨みましたが、ゴールドアクターに4分の3馬身差をつけられて2着と敗戦。2kgの斤量差がありながら、完敗とも思える内容で、おそらく多くの方々が「両者の勝負づけは済んだ」と思ったことでしょう。

 いかにも、あのレースを見れば誰もがそう思うでしょうが、サウンズオブアースはもともと2着が多い馬。悪く言えば勝ち切れない、よく言えばどんなメンバーでも相手なりに惜しいところまで来る存在です。突き抜けるだけの決め手がないのは確かですが、先頭に立ちたくないという気性があるのかもしれません。

 ともあれ、そうしたことはちょっとしたきっかけでガラッと変わることがあります。その可能性を感じることが、今回ふたつあります。

 ひとつは、久しぶりに藤岡佑介騎手が手綱を取ることです。乗り手が替わることで、何かしらの変化を誘発することがよくあります。

 もうひとつは、厩務員さんの存在です。前走の日経賞では、有馬記念のときとは違う方がパドックで馬を引いていました。おそらく担当者が替わったのだと思いますが、それでいてあれだけの走りが見せられたのは、今の厩務員さんとの相性も悪くないのでしょう。

 厩務員さんは、馬にとって最も近い存在です。それが替わることは、騎手が替わること以上に大きな影響を及ぼすと思います。今回は、厩務員さんが替わって2戦目。サウンズオブアースにさらなる変化があってもおかしくありません。レースが楽しみです。