5月1日(日)に行なわれるGI天皇賞・春(京都・芝3200m)。春の長距離王を決める戦いは、かつては人気を集めた実力馬同士が頂点を競う「堅いGIレース」という印象があった。それが近年は、すっかり「荒れるGIレース」へと変貌している。

 実際、天皇賞・春の過去10年を見ると、10番人気以下の"大穴"が3着以内に絡んだ年が6回もある。その中には、14番人気のビートブラックが優勝した2012年や、12番人気のマイネルキッツが勝利した2009年など、人気薄が白星をさらって「大番狂わせ」を演じた年もある。

 となると、当然ながら今年も穴馬の台頭は十分に期待できる。「春の盾」として知られる伝統の一戦だが、最初から荒れることを想定し、穴馬探しに徹して予想をしても面白いのではないだろうか。

 今年の天皇賞・春は、昨年末のGI有馬記念(2015年12月27日/中山・芝2500m)で1〜3着を占めた3頭が人気となりそうだ。グランプリで見事GI初勝利を飾ったゴールドアクター(牡5歳)に、僅差の2着に敗れたサウンズオブアース(牡5歳)、そして初の古馬混合戦でも3着と力を示した菊花賞馬のキタサンブラック(牡4歳)である。

 ゴールドアクターはその後、年明けのGII日経賞(3月26日/中山・芝2500m)も快勝。サウンズオブアースも、同2着と健闘した。さらにキタサンブラックも、年明け初戦となった前走のGII大阪杯(4月3日/阪神・芝2000m)でクビ差2着と好走。それぞれ、ここまでの過程も申し分なく、それなりの支持を集めることは間違いない。

 また、前哨戦のGII阪神大賞典(3月20日/阪神・芝3000m)を圧勝した上がり馬シュヴァルグラン(牡4歳)の評価も高く、同馬を加えた4頭がレースの中心になると考えられる。

 これらの牙城を崩すことは決してたやすくはない。が、ここで検討すべきは、あくまでも穴馬探し。過去10年の天皇賞・春で穴をあけた馬にスポットを当てて、どんな馬が穴馬になり得るのか、探っていきたい。

 過去10年の穴馬を見てみると、やはり3000m以上のレースで好走歴があること。つまり「長距離適性に秀でた馬」が上位に食い込んで波乱を起こしていることが多い。そしてそのほとんどが、近走で振るわなかったり、「王道路線」となる中距離戦線での実績が薄かったりして、人気を落としていた。それが、3200mという舞台で一気に台頭。結局のところ、低評価を覆すには"長距離適性"が最大の武器になる、ということだ。

 例えば、2007年に11番人気ながらハナ差2着となったエリモエクスパイアは、2走前のGIIIダイヤモンドS(東京・芝3400m)でも2着入線を果たすなど、3000mを超える距離で適性を見せていた。昨年の2着馬(7番人気)であるフェイムゲームもまた、直前のダイヤモンドSで連覇を飾っていて、3000m以上のレースを得意としていた。

 ちなみに、2012年の勝ち馬ビートブラックも、そもそも3歳クラシックのGI菊花賞(京都・芝3000m)で3着と好走していた実績がある。

 そこで、中距離戦の実績や近走の調子などは気にせず、3000m以上の好走歴だけを見て、波乱の立役者になりうる馬を探してみたい。

 その観点からいくと、今年の出走馬からは3頭の穴馬候補が浮かび上がる。

 1頭目は、トゥインクル(牡5歳)だ。同馬は、2歳の6月にデビューしてから初勝利までに9戦を要して、以降も長い間下級クラスでもがいていた。そして今回、GI初挑戦となる。よって、人気になる可能性は低い。

 それでも、3走前に格上挑戦ながらGIIステイヤーズS(2015年12月5日/中山・芝3600m)で3着。前走のダイヤモンドS(2月20日)では2着に4馬身差をつけて快勝した。ステイヤーとしての資質を見せており、長距離適性なら、今回のメンバーでも上位だろう。前出の、ダイヤモンドSの勝ち馬ながら7番人気の低評価にとどまった、昨年2着のフェイムゲームの再現があってもおかしくない。

 2頭目は、アルバート(牡5歳)。こちらは、トゥインクルが3着となったステイヤーズSの勝ち馬で、同レースでは後続を5馬身突き放す圧勝劇を演じている。この勝ちっぷりから、3000m以上を得意とするのは明らか。その点については、母の父がステイヤーを数多く輩出してきたダンスインザダークという血統面での後押しもある。

 ステイヤーズSのあとは、有馬記念で11着、日経賞で4着と精彩を欠いている。そのため、今回は人気落ち必至である。だが、前出のエリモエクスパイアも直前の日経賞で10着と惨敗したあと、3000m以上の"得意舞台"で息を吹き返した。アルバートにも同様の大駆けが期待できるのではないか。

 最後の1頭は、トーホウジャッカル(牡5歳)。2014年のGI菊花賞を制したクラシックホースである。レースレコードを大幅に更新した衝撃のレースは、いまだ記憶に新しい。

 しかしその後、体質の弱さもあって満足にレースを使えず、満を持して出走したレースでも馬群に沈んできた。前走の阪神大賞典でも7着と凡走。今回は一気に人気を落とすことになるだろうが、菊花賞で見せたステイヤーとしての才能を考えると、無視できない1頭だ。

 前出のビートブラックをはじめ、菊花賞の好走馬がのちの天皇賞・春で活躍するケースは数多くある。トーホウジャッカルの復活はあるのか、注目したい。

 今年も現役トップクラスの実力を備えた有力馬が顔をそろえた天皇賞・春。そんな実績馬が人気に応えるのか。それともまた、ファンが驚くような穴馬が上位に飛び込んでくるのか。3分を超える長丁場の戦いを、ワクワク、ドキドキしながら見守りたい。

河合力●文 text by Kawai Chikara