昨日(23日)、渋谷区のクラブ「Dimention(ディメンション)」にて「社会人ラップ選手権」なるイベントが開催されています。

なぜか、参加者を社会人に限定してはフリースタイルラップ(即興)バトルを行うというこのイベント。ルールも、まさに社会人です。仕事着を身にまとい、バトルの前に必ず対戦相手と名刺交換を行うことがルールとして義務付けられているのだから。

この選手権を主催する株式会社ハイ(東京都渋谷区)の小式澤郁さんに、イベント開催のきっかけを伺いました。
「元々、ヒップホップはカウンターカルチャーです。今の日本に置き換えると一番虐げられているのは学生ではなく、サラリーマンなどの社会人。彼らがこの状況に“表現”で返していけるよう、社会人によるラップ選手権を開催しました」

たしかに、抑圧されて悶々としている社会人は数多い模様。何しろ、この日の参加希望者は100人を超えたというのだから!
というわけで当日は大規模な予選が行われ、本選には社会人ラッパーの精鋭16名が進出しています。

それにしても、見てください。場内は異常な熱気!


この日は、審査員として平嶋夏海さんとラッパーのDOTAMAさんが登場。それに加え、ビジネス視点から審査してもらうため大手広告代理店社員の男性も参加しています。


審査の際に重要になるポイントは「ライム」「ロジック」「生き様」の3点。ヒップホップのスキルだけではなく、社会人だからこそ背負っている“責任”などをラップで表現し競う大会になります。

注目は、どんな社会人が本選進出しているかという点ですが、営業マン、官僚、歯科医、フリーター、社長など異常にバラエティに富んだ面々が揃いました。これは、期待が持てそうだ……!

「社会人ラップ選手権」一回戦


一回戦では、以下のような対決が行われています。
●営業社員vs歯科医師(であり歯学博士、大学講師)


歯科医相手に「トゥース、トゥース!」と迫る営業社員。歯科医は歯科医で「お前の仕事着は俺はクランケにしか見えねーよ!」「インプラント、韻踏まんと」と返したり。これは、予想以上のレベルの高さだぞ……。

●フリーターvs人事課サラリーマン

●大手IT企業勤務プログラマーvsベンチャー系IT企業勤務


通常は「おまえ、ヘタクソだ。カッコ悪りぃ!」といったものがdisになるのだけど、社会人ラップの場合「転職しろ」「懲戒免職!」といったワードが有効打になるのが面白いですねぇ……。

●IT企業営業事務vs編集者

●転職サイト運営vsSE

●公務員vs商社マン

●官僚vsレコード会社ディレクター
官僚の方は東京大学法学部を卒業して現職に就いたという、“エリート街道まっしぐら”の男性! 相対するは、「正反対の生き方をしてきた」と胸を張るレコード会社勤務のチャラ系です。


「韓国はエンタメに金出してるんだからヒップホップを殺さないでくれ!」と切実な叫びを見せたものの、バトル終了後はレコード会社勤務マンが「お上の方、すみません」と頭を下げる辺りに社会人の悲哀が出ていたな……。

●不動産会社社長vs株式会社ハイ社長


なんと「社会人ラップ選手権」を主催する株式会社ハイの鈴木社長も本選へと進出! いわゆる“社長対決”が繰り広げられました。

「社会人ラップ選手権」二回戦


二回戦では、以下のような対決が行われています。
●歯科医師(であり歯学博士、大学講師)vs人事課サラリーマン

歯科医なのに「おまえの前歯、全部折ってやろうか」というとんでもない言葉まで飛び出した、このバトル。2ターン目のお金の話も真っ黒で、興味深いです。

●ベンチャー系IT企業勤務vsIT企業営業事務

●転職サイト運営vs商社マン

●レコード会社ディレクターvs株式会社ハイ社長

「社会人ラップ選手権」準決勝


●人事課サラリーマンvsIT企業営業事務


「俺の方が社蓄だぜ!」と誇る出場者が多いなか、自分の仕事に誇りを持つラップを披露した人事課サラリーマンに凱歌が上がりました。

●商社マンvsレコード会社ディレクター

決勝戦&3位決定戦


では、3位決定戦から行きましょう。
●IT企業営業事務vsレコード会社ディレクター


この対決は、レコード会社ディレクターの勝利!

そして、遂に決勝戦! こんな組み合わせになりました。
●人事課サラリーマンvs商社マン



結果、人事課サラリーマンの男性が今大会の優勝者に決定!


優勝者には「社会人ラップ選手権」の優勝者名刺が贈呈されます。これから仕事で名刺交換する際に、自分の名刺とともに「実は私、社会人ラップ選手権で優勝しまして……」と自己紹介できるわけです!

では最後に、チャンピオンによる“優勝フリースタイルラップ”を披露していただきます!

ちなみに「社会人ラップ選手権」の第2回は、8月のどこかの週の週末に開催されるとのこと。その時も、社会人のリビドーが炸裂するのか……!?
(寺西ジャジューカ)