磯山さやか(2015年4月30日投稿)(出典:https://www.instagram.com/sayakaisoyama)

写真拡大

磯山さやかと言えば今では「ぽっちゃり女子」ブームを牽引する人気ぶりだが、デビューした頃にはスリーサイズをごまかしていたという。彼女がバラエティ番組『ダウンタウンDX』でバストサイズを増す方法をやって見せたところ、共演していたYOUがその胸を触りながら目を丸くした。

【この記事の他の写真を見る】

4月21日に放送された『ダウンタウンDX 沖縄生放送スペシャル』(読売テレビ)でのことだ。磯山さやかが「プロフィールでウソをついたことがある」と認めた。彼女が芸能界デビューしたのは2001年で、当時は巨乳ブームとあってプロフィールのスリーサイズもバストは「90超え」が望ましかった。彼女は「バスト88だったが、思い切り息を吸ったら91になった」という。それでバスト91と公表してグラビアで「90超えの特集」に使われたこともある。

すると生放送のスタジオで磯山の前に座っていたYOUが、おもむろにその胸を鷲掴みにした。ちょっと驚いた磯山だったが、周囲の期待に応えて息を吸うと明らかに胸が脹らむ。「おおっ」と皆が驚くなか、しっかり胸を揉んでいたYOUは「ありますねこれっ! すごーい!!」とバストアップを認めるのだった。

また、磯山はウエストについてもデビュー当時は「60切りがマスト」とされたので、「63くらいだったがプロフィールでは59にした」と証言している。その後、マリリン・モンローのウエストが61だと聞いて「モンローでも60超えるんだと思い、今は60とか61にしています」と明かしたところ、ダウンタウンから「もっとあるやろ!?」「身長モンローよりないし!」とつっこまれてしまう。

現在、磯山さやかが所属するホリエージェンシーのプロフィールではスリーサイズ「B:88、W:60、H86」とある。今回の証言と一致しておりプロフィール詐称はないようだ。

出典:https://www.instagram.com/sayakaisoyama
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)