皐月賞はクラシック三冠の緒戦。角居厩舎では2010年にヴィクトワールピサがこのレースを勝っているが、彼を語るレースはやはりドバイや有馬記念になってしまう。それはなぜか。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」より、様々な可能性を秘めた馬たちが集う皐月賞について解説する。

 * * *
 大目標はやはりダービー。ダービーを目指す馬が皐月賞で勝てれば三冠が見えてくる──というイメージでしょうか。4着馬までにダービーの優先出走権を得られることもあり、どうしても注目度が割引される。

 ですが、馬にとっては一生に一度の大舞台。そして皐月賞ならではの妙味があります。薫風になびく新緑のように、揺れ動く魅力といいましょうか……。

 成長過程の3歳馬。いわば中学1年か2年生の競走です。スピード自慢ながら、自分の適性能力がまだはっきりとしていない時期です。

 舞台も揺れている。中山の芝は最終週で荒れ模様だし、冬から初夏へ、雨も増えて馬場が重くなるタイミングです。堅い芝を軽く走る速い馬も通用しそうだし、パワーもスピードもある馬でも行けそうだし。適性が見極めにくいのです。

 それだけに、様々な可能性を秘めた馬が集まってくる。“ごった煮”と言ってもいい。それはそれで食材の味わいが絡み合って美味しい。

 角居厩舎の皐月賞初参戦は2009年のトライアンフマーチ。前走の若葉Sでようやく出走権を取り、8番人気ながら2着と好走しました(1着はアンライバルド)。桜花賞馬キョウエイマーチの子供で潜在能力が高く、スピードに勝ちすぎたところがあり、主戦の武幸四郎と共に調教に苦労した思い出があります。

 続くダービーでは14着。菊花賞も9着でした。その後はマイル戦、1400メートル戦でオープン勝ちしています。重賞では2010年マイラーズCで2着、同年安田記念は4着。7歳になっても京都金杯で連対するなどマイラーの適性がありましたが、3歳時点ではやはりクラシックにこだわりたかった。

 2010年に4連勝で臨んだヴィクトワールピサはある程度完成されていましたが、このとき3着だったエイシンフラッシュは11番人気。それがダービー馬になり(ヴィクトワールピサはダービー3着)、古馬になってからは天皇賞も勝っている。皐月賞の時点ではまだまだ未完成だったのでしょう。後に名馬と讃えられることになるオルフェーヴル(2011年)、ゴールドシップ(2012年)とも皐月賞は4番人気での勝利でした。

 馬齢、馬場状態、そして中山の2000メートルという距離。ステイヤー路線でもマイラーでもスプリンターでも、どんな資質を秘めていても活躍できる目がある。皐月賞を経由してどこへでも行けるわけです。

 さて、角居厩舎の皐月賞です。

 リオンディーズは弥生賞は2着だったものの、いい競馬でした。道中、しっかりとタメを利かせることができた点が収穫。ファンには人気をいただき、競馬ではマークされそうなので、閉じこめられない3〜5枠あたりの偶数番が理想です。

■すみい・かつひこ 1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後14年で中央GI勝利数23は歴代2位、現役では1位。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。競馬の他、引退馬のセカンドキャリア支援、馬文化普及、障害者競馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイア、ラキシス、サンビスタなど。

※週刊ポスト2016年4月22日号