一部“撮り鉄”に鉄道会社苦言「好き勝手やる方はもう来ないで」。

写真拡大

栃木県を走る真岡鉄道は4月11日、公式Facebookで、一部の心ない“撮り鉄”に対し、今後も好き勝手にやるようであれば「もう来ないで下さい」と強い言葉で注意を促している。

この日、Facebookでは、線路脇に咲いた菜の花が踏みにじられている写真を投稿。「写真は先週、鎖で三脚、脚立が結ばれていた所です。どう感じますか?」と問題を提起し、さらに「踏みつけられた菜の花。何を撮影したいのですか? たかが菜の花? 綺麗に咲いている菜の花を踏みにじって何も感じないのでしょうか? 地元の方たちが手をかけて咲かせていることをわからないのでしょうか?」と続けた。

JRなどとは違い、地方私鉄の同社は「少ない人数で運営」しているが、ほかにも「昨日は久下田駅付近で路上駐車が酷すぎるとクレームの電話が有りました」と対応が必要なことがあったり、「線路のそばで撮影されている方はほとんどが真岡鐵道の敷地に侵入しております。はっきり言って違法だと思います」と感じながらも、警備に人手が避けない事情があったりと、“撮り鉄”の対応に苦心してきたという。

同社としては、基本的には「全国的に見ても、北真岡のような撮影スポットはそんなに無いと思いますし、こちらもたくさんの方にお越し頂き、実際に素晴らしさを感じて頂きたいのです」と考えているものの、一部の心ない“撮り鉄”に対しては、「この投稿を見て、もしも該当するような事をされてしまった方がいらっしゃいましたら今後はそのような事を絶対にしないでください。関係無い、今迄通り好き勝手やる、そう思った方はもう来ないで下さい」と言い切っている。この一件は、地元・下野新聞の報道を通じてネットでも話題に。「ほんと、一部の自己中な奴らのせいで勘弁して欲しい」「また撮り鉄か…」「撮り鉄の話題はマナーが悪いって話ばかりだな」「もっと各社も怒ったほうがいいと思う」などの声が上がっている。