霊能力だけでなく、人間性も高く評価された宜保愛子さん (C)フジテレビ

写真拡大

 1980年代に一世を風靡し、2003年に死去した霊能力者・宜保愛子さんが出演したフジテレビ系のオカルト心霊番組「これが世界の心霊だ!」が、4月11日からチャンネルNECOで放送されることが決定した。フジテレビで1983年の初放送以来、約33年ぶりのオンエアとなる。

 同番組は、小川宏アナが司会を務め、超常現象の謎に迫る。主婦でありながら霊視を行う宜保さんの名を世にとどろかせるきっかけとなったほか、自身の身体から金粉が現れるという“金粉おばさん”ら個性的な能力者が多数登場し、人気を博した。

 シリーズは全6回で、第1回では、宜保さんは「横浜にお住まいの普通の奥様」と紹介され、霊能力に開眼した経緯を語った後に、スタジオゲストの霊視を敢行。番組後半には台湾の幽霊屋敷へ赴き、ロケ最中に発生した怪奇現象に見舞われる。そのほかのラインナップは、「宇宙との交信、金粉は降るのか?」「驚愕! 口から謎の花びらが出た」など。

 「これが世界の心霊だ!」第1回は、4月11日午後9時からチャンネルNECOで放送される。第2回(「招霊実験 伴淳の霊を降霊!」「神秘の力再び! 怪奇金粉現象」「宇宙との交信 自動書記」など)は5月16日の午後9時放送。