戦士キャラクターの巨大フィギュア、高齢者が神と勘違い(出典:http://news.sina.com.cn)

写真拡大

中国のある街に出現した大きなガラスケース。中には人気オンラインゲームの『Garen』というキャラクターの巨大フィギュアが収められているが、その勇ましい姿を「神」と勘違いする人々がいるようだ。『新浪/新聞中心(news.sina.com.cn)』がなんとも気の毒な高齢者の姿を伝えている。

オンラインゲーム『League of Legends』に登場する“ガレン(Garen)”というファイター。ナイスルッキングでタフガイ、優れたディフェンススキルを誇り、自己回復能力は高いが接近戦しかできないことが難点などと解説されているキャラクターである。

このほど「微博(ウェイボー/weibo)」のあるユーザーが、その巨大フィギュアの正体がオンラインゲームの人気キャラクターであるとは知らない高齢者がそれに向かって何かを念じながら手を合わせ、目を閉じ、地面にひれ伏して深々とお辞儀している様子を数枚の写真で紹介し、大きな関心を集めている。

ところがよく確認すると、そのフィギュアはスタイルこそブルーとゴールドが効いたガレンのものだが、ヒゲの生えた顔は『三国志演義』にも登場し、劉備に仕えた「関羽(かんう)」という勇敢な将軍に似ていることが判明。関羽は死を経て「関帝」となり神格化されたため、その歴史を学んで知っている高齢者にその像は「神の関羽」と映るのであろう。あるいはそれは関羽の像で、今時の人々を意識してスタイルだけはガレンを模倣したのかもしれない。

祈り方があまりに必死であることから、私生活で深い悩みを抱えているようにも見えるその高齢女性。信じる者は救われる、真実を知らせない方が親切ということもあり、通りがかりの人々もそんな彼女を見て見ぬふりをしていたという。

出典:http://news.sina.com.cn
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)